サンド伊達とノンスタ石田の後輩芸人が対決 -『EXD44』3カ月ぶりに再始動

サンド伊達とノンスタ石田の後輩芸人が対決 -『EXD44』3カ月ぶりに再始動

画像提供:マイナビニュース

秋元康氏がスター・ディレクターを育成すべく、企画監修を担当するテレビ朝日系バラエティ番組『EXD44』が、9日(24:40〜25:10)から3カ月ぶりに再始動。初回は、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおと、NON STYLEの石田明による「芸人代理戦争」が行われる。

"EXD44"と命名されたテレ朝の若手ディレクターが、映像コンテンツを制作していく同番組。今回放送される「芸人代理戦争」は、2人の先輩芸人が「こいつは面白い!!」と思う自慢の後輩芸人を推薦し、笑いをかけて戦わせるというもの。30人の観客がジャッジし、後輩芸人は、バトルに勝てば3万円の賞金を獲得できるが、負ければ自分ではなく先輩がその賞金を自腹で支払うという過酷なルールだ。

9日に放送では全6回戦中2戦が行われ、1回戦は石田軍からプラスマイナス、伊達郡からわらふぢなるおが対決。プラスマイナスは、「先輩・石田の顔に泥を塗るわけにはいかない」と本気モードだ。そして2回戦は、石田軍から大自然、伊達軍からレッドガオが対決する。

関連記事(外部サイト)