『バイキング』が『ヒルナンデス!』抜き初の週平均2位 -『グッディ』も好調

『バイキング』が『ひるおび!』に次いで番組史上初の週平均2位 『グッディ』も好調

記事まとめ

  • フジテレビ『バイキング』が7月第1週(3〜7日)の平均視聴率で、過去最高の6.5%
  • 日本テレビの『ヒルナンデス!』を抜き、番組史上初めて週平均で横並び2位となった
  • TBS『ひるおび! 2部』が7.7%で1位、フジテレビ『直撃LIVE グッディ!』も好調

『バイキング』が『ヒルナンデス!』抜き初の週平均2位 -『グッディ』も好調

『バイキング』が『ヒルナンデス!』抜き初の週平均2位 -『グッディ』も好調

画像提供:マイナビニュース

フジテレビお昼の情報バラエティ番組『バイキング』(毎週月〜金曜11:55〜13:45)が、7月第1週(3〜7日)の平均視聴率で、過去最高の6.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区、以下同)をマーク。日本テレビの『ヒルナンデス!』を抜き、番組史上初めて横並び2位となった。

同番組は、6日の放送で自己最高の8.0%を記録したのを筆頭に、月曜から3日6.0%、4日5.0%、5日7.1%、そして7日も6.4%と堅調に推移。5日間の週平均は6.5%となった。

これまでの週平均最高は、今年1月第1週の6.0%だったが、このときは冬休み期間で1月5日・6日の2日間のみの放送だったため、平日の5日間でここまで大きく記録を更新したことで、確実に地肩が強くなってきていることが伺える。

7月第1週の他局の番組は、日本テレビ『ヒルナンデス!』(11:55〜13:55)5.4%、テレビ朝日『徹子の部屋』(12:00〜12:30)5.4%、『やすらぎの郷』(12:30〜12:50)5.4%、『ワイド!スクランブル 第2部』(12:50〜13:45)4.7、TBS『ひるおび! 2部』(11:55〜13:49)7.7%で、『バイキング』は『ひるおび!』に次いで横並び2位となった。

また、『バイキング』の直後に放送されている『直撃LIVE グッディ!』も好調。1部(13:45〜14:50)の7月第1週の平均は5.2%で、約半年前の1月第2週(1月9〜13日)の3.6%と比べ、大きく上昇している。

関連記事(外部サイト)