野性爆弾くっきー、三浦貴大の仕事姿勢に説教「一生懸命やんなさい!」

野性爆弾くっきー、三浦貴大の仕事姿勢に説教「一生懸命やんなさい!」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・野性爆弾のくっきーが10日、東京・六本木のメルセデス・ベンツコネクションで行われたAmazonプライム・ビデオの新番組制作発表に出席。俳優の三浦貴大に、仕事の心得を説いた。

三浦は、サイバー犯罪をテーマにしたドラマ『フェイス−サイバー犯罪捜査班−』(11日配信開始、以降毎週水曜1話更新)に出演。主演の剛力彩芽演じる主人公の兄役を演じているが、「僕は結構(物語の)鍵を握ってそうな意味深な出方をよくするんですけど、話の最後の方にちらっと出てきて、その回はもう出てこないとかいうこともあります」と、役柄を紹介した。

それだけに、「撮影は御殿場とか結構遠くまで行くんですけど、移動が3時間くらいかかって、撮影が5分で終わるっていうスタイルになったりするので、楽な仕事…」と言いかけたが、「いやいや、そんなこと言ってません!」と、直後に慌てて否定した。

しかし、これを聞いたくっきーは「世の中にね、あなたね、楽な仕事なんてないからね! 一生懸命やんなさい! あなた頑張りなさい!」と説教。圧倒された三浦は「頑張ります」と反省しきりだった。

そんなくっきーは、Amazonプライム・ビデオで初の冠番組『野性爆弾のザ・ワールド チャネリング』に出演しているほか、千原ジュニアのバラエティ番組『千原◯ニアの◯◯-1GP』(14日配信開始)の初回にも出演。

芸人をゲストに迎えさまざまな企画の1位を決めるという先輩・ジュニアの番組について、くっきーは「昨今のね、お笑いもなかなか穏やかになってきたじゃないですか。その中で1つね、パコンと花を咲かせてくれるような、そんな番組でありますね。あたしらのような下の下の芸人に、水を唯一与えてくれるような番組です」と称賛していた。

一方で、自身の番組については「いろんなアイドルの人とかとロケをしながら、地獄を味わせる」と紹介。ジュニアから「矢口真里の口に指突っ込んでましたよね」と指摘されると、「矢口さんのヨダレは良い粘り持ってましたね。すてきな女性です」と感触を振り返っていた。

関連記事(外部サイト)