新垣結衣、7年ぶり『コード・ブルー』で体力に衰え「曲がり角だな(笑)」

新垣結衣、7年ぶり『コード・ブルー』で体力に衰え「曲がり角だな(笑)」

画像提供:マイナビニュース

女優の新垣結衣が11日、東京・新木場の東京ヘリポートで行われたフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(17日スタート、毎週月曜21:00〜 ※初回30分拡大)の制作発表会見に出席。前作から引き続き共演する戸田恵梨香、比嘉愛未とともに、体力の衰えを告白した。

前作から7年ぶりに復活する今作だが、新垣は「体力的なところが変わったなと思います。20代前半と後半じゃ全然違って、いろんなものの曲がり角だなって感じてます(笑)」と変化を説明。戸田も「やっぱり体」と同調し、「節々が痛くて、ひざ関節がまず痛い。ちょっと走ると痛みとかがあって、あとは腰。それから下向いてることが多いので首」と、具体的に痛む部分を訴えた。

そしてナース役の比嘉は「重い荷物を抱えてお医者さんと一緒にずっと走ってるんですけど、それがつらすぎて『これはいかん』と思って、撮影前からキックボクシングに週1で通ってます。足腰鍛えないとって思って」と対策を実行。「今のところ効果はまだ出てません」と言うと、浅利陽介から「蹴るシーンないからね」とツッコまれたが、比嘉は「藤川(浅利)をいつか蹴ろうと思って、そのための練習をしています(笑)」と言い返していた。

また、自身がドクターヘリで搬送される事態となったら、誰に治療してもらいたいかという質問に対して、新垣は「緋山先生(戸田)ですね」と回答。「以前のシーズンで、緋山先生が患者さんに寄り添いすぎるというエピソードもあったんですけど、寄り添ってほしい! 女性ならではの悩みも聞いてくれるかなと思うと、緋山先生がいいなって思いました」と理由を話すと、戸田も「寄り添ってくれると考えると白石先生(新垣)かな(笑)」と、サードシーズンに入ってより一層仲が良くなっている様子を見せていた。

このドラマは、2008年7月に、日本で初めてドクターヘリをテーマに取り上げた作品としてスタート。09年1月にはスペシャルドラマ、10年1月からは連ドラの2ndシーズンが放送された。

今作は、藍沢(山下智久)が脳外科医に、緋山が産婦人科医の道を歩むなど、10年以上のキャリアを越えたメンバーたちが、救命を離れて新しい科で力を発揮していたり、家族を失っていたり、恋人と出会っていたり、ライバルとし烈な戦いを繰り広げていたりと、人生の局面に立った新たなストーリーが展開される。

関連記事(外部サイト)