高杉真宙、ひまわり畑で「青春を送りたい」 知多半島で主演映画ロケ

高杉真宙、ひまわり畑で「青春を送りたい」 知多半島で主演映画ロケ

画像提供:マイナビニュース

俳優の高杉真宙が12日、愛知県常滑市で行われた主演映画『世界でいちばん長い写真』(2018年初夏公開)の製作発表会見に、共演の武田梨奈、草野翔吾監督とともに登場した。

同作は誉田哲也の同名小説を実写映画化。映画『にか?くてあまい』で監督を務めた草野翔吾がメガホンを取る。目標もなく、冴えない毎日を送る主人公・宏伸(高杉)が、祖父のリサイクルショップで見つけた、世界一長いパノラマ写真が撮れるカメラを見つけ、だんだんと人生が変わっていく。

高杉は「この宏伸と一緒に青春を送っていきたいです!」と気合十分。ほぼ知多半島でのロケになるが、高杉も自らロケ地について調べたという。「台本に詰まってる青春がそのまま出て来たんじゃないかと思うくらい素敵な風景が溢れているところだなと思いました。特にひまわり畑が楽しみですね」と期待を寄せた。

高杉は自身の演じる役柄について「自分に自信がなく、そのせいでいろいろなことに挑戦出来ず、言いたいことも言えないキャラクター」と説明し、「人見知りな部分は特に僕自身、共感できる部分もありました」と語る。一方、快活な女性・温子を演じる武田は「自分とは違うタイプです。でもしっかりと快活な女性・温子と向き合っていきたいと思っています」と意気込んだ。

草野監督は「台本のままを演じるのではなく各俳優が脚本に疑問を持って自分の頭できちんと考えてほしい」と2人にエールを贈り、「みんなで一緒に作品について考えていきたいと思っています」と今後について示した。高杉は最後に「宏伸と一緒に青春を送っていきたいです」とメッセージ。武田は「緊張しちゃうタイプだけど、みんなをいじりたおして現場を盛り上げていきたいと思います」と現場での抱負を語った。

関連記事(外部サイト)