広瀬アリス、憧れの声優初挑戦でリスペクト増大「声優さんって本当にすごい!」

広瀬アリス、憧れの声優初挑戦でリスペクト増大「声優さんって本当にすごい!」

画像提供:マイナビニュース

●初挑戦で声優の難しさを実感
女優の広瀬アリスが、映画『パワーレンジャー』(7月15日公開)で声優に初挑戦。日本の特撮シリーズ『スーパー戦隊』の英語版として1993年から全米で放送されているテレビシリーズ『パワーレンジャー』をハリウッドで映画化した本作で、ピンクレンジャー(キンバリー)の日本語吹き替え声優を務めた。広瀬といえば漫画・アニメ好きで知られ、声優は憧れの職業。今回、実際に声優に挑戦してどう感じたのだろうか、そして、声優のイメージに変化はあったのだろうか。また、本作の原点である『スーパー戦隊』との関わりや、本作の魅力なども聞いた。

――憧れの声優に初挑戦していかがでしたか?

お芝居の経験はあっても声のお仕事は全然違うので、不安の方が大きかったです。好きな分、大変さも知っていたので、どうすればいいんだろうという思いでした。

――やってみて難しいなと思った部分は?

声だけで強弱や喜怒哀楽をすべて表現しないといけなくて、普段は表情や動きがある中でお芝居をしているので、それが大変でした。あまりナチュラルすぎるとほかの人たちと比べて浮いてしまうし、でも、やりすぎというのもよくわからないし…自分の中でのバランスがすごく難しかったです。

――自宅で反省会をしながらアフレコに挑んだそうですね。

そうなんです。いただいた資料のDVDをひたすら2、3時間見て勉強しました。台本と照らし合わせたりしながら。

――ピンクレンジャー(キンバリー)役として特に意識した点は?

あまりガチガチに固めず、現場に行ってから決めるようにしました。変に役作りをしてそこから抜け出せなくなる方が怖かったので、こうしよう、ああしようっていうものは作らなかったです。

――現場で監督とやりとりしながら作り上げていくという感じだったのでしょうか?

そうですね。「キャー!」という悲鳴の中でも、「イエローとの声のバランス見るから待ってて」という感じだったので、いっぱいレパートリーを作っていくことや、いかに走らずにゆっくりセリフを言えるかとか…決めていたのはそれくらいです。

――実際に憧れの声優をやってみて、想像とは違った点や新たな発見などはありましたか?

単純に、声だけは難しいなと思いました。声優さんって本当にすごいんだなとあらためて実感しました。息遣いだけでも全然違うので。

――憧れの思いは変わりました?

さらにリスペクトするようになりました。

――今回の初挑戦で、声優として成長できたなと手ごたえを感じたことは?

いやいや全然、まだわからないです。満足したことは一度もないので、なんとも言えないです。

――そうなんですね! では、次はどんな声も演じてみたいですか?

それもまだ、これをやりたいと言える立場ではないので…。

●戦隊モノとの関わりと自身の"絆"体験

――本作の原点である日本の『スーパー戦隊』をお兄さんの影響で見ていたそうですね。

見ていました! 『仮面ライダー』や、〜レンジャーといった戦隊シリーズは、自然と見ていたものだったので、大人になってこういった形で参加させていただくのはとてもうれしいです。

――特にピンクレンジャーはみんなの憧れの存在ですよね!

そうですよね、かわいらしくてみんなのアイドルみたいな感覚で。でも、それを言われるとすっごいプレッシャーになるので、なるべく考えないようにしていました(笑)

――ピンクレンジャー(キンバリー)に共感する部分はありましたか?

キンバリーという女性は、クラスの中で派手なグループにいたはずなのに、あることがきっかけでハブぶられてしまう。それって女性だと理解できますよね。そういった部分は、自分だけではなくて女性だったらだれでもある部分なのかなと。そういう人間味のあるシーンがたくさんあるので、変身するまでにけっこう時間があるんですけど、その時間もストーリーとしてちゃんと楽しめるんです。ヒーローになっていく過程や人として成長していくシーンもこの作品の魅力だと思います。

――広瀬さんは、映画『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』(2009年)で岬ユリコ/電波人間タックル役を演じられた経験があり、戦隊モノと縁のある方なのかなと。

そうですね。やはり戦隊モノは子供たちに愛されているので、身内の中でもすごい人気者に。親戚、いとことか。それはうれしいです。

――今回も親戚の子供たちから反応ありましたか?

ありますね。また、『スーパー戦隊』を見ていた世代の方たちも「楽しみ」と言ってくれています。

――この作品は幅広い年代の人たちが楽しめる作品ですよね。

そうですね! ワールドプレミアに参加させてもらったときに思ったのは、2、30代の男性が断トツ多いなと。最初は子供向けというイメージだったんですけど、ワールドプレミアで大人の方が熱狂しているのを見て、たくさんの世代に愛される作品なんだなと実感しました。

――ちなみに、『仮面ライダー』に出演した経験は今回生かされましたか?

当時はお芝居を初めたばかりでしたので、右も左もわからない様な状態でした。ただ撮影から7年くらい経っているので、成長した姿をちゃんと出せたかなという感じはします。

――本作は、"パワーレンジャー"として立ち上がる5人の絆にとても感動しました。そういったチームで乗り越えた経験はありますか?

小学生のときのバスケですね。めっちゃ仲悪かったんです。なんでこのチームで戦っているのかなっていうくらい仲悪くて、口もきかないほど。それでも、試合になると自然とお互いをリスペクトし合っていいプレーができたりするんです。嫌いだけどどこか尊敬している部分があって、悔しいから嫌いとか、そういう思いもあったのかなと。今はとても仲良くて、連絡もとりあっているんですけど、あのときがあるから今の絆があるのかなと思います。

■プロフィール
広瀬アリス
1994年12月11日生まれ。静岡県出身。2008年に映画『死にぞこないの青』で女優デビュー。2009年には女性ファッション誌『セブンティーン』の専属モデルオーディションでグランプリに選ばれ、同誌モデルとして活躍。女優としては、テレビ東京系ドラマ『釣りバカ日誌』シリーズや映画『新宿スワンII』(17)など多数の映画・ドラマに出演するほか、赤堀雅秋演出の『世界』で初舞台にも挑戦した。

撮影:蔦野裕 (c)2017 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.
(酒井青子)

関連記事(外部サイト)