早見あかり、ドラマ会見で声出ず「呪われた…」 驚きの心霊体験明かす

早見あかり、ドラマ会見で声出ず「呪われた…」 驚きの心霊体験明かす

画像提供:マイナビニュース

女優の早見あかりが13日、東京・神谷町のテレビ東京旧社屋で行われたテレビ東京系ドラマ25『デッドストック〜未知への挑戦〜』(7月21日スタート 毎週金曜24:52〜25:23)に、村上虹郎、権野元監督とともに登場した。

同作は2016年11月に新社屋に移転したテレビ東京を舞台に繰り広げられる、オリジナルホラー。神谷町の旧社屋から引越しの際に処分された大量の廃棄テープの中から、いまだかつて誰も目にすることのなかった怪奇現象の映る古いテープが発見される。ADの常田大陸(村上)らがその謎を解くべく、取材現場へ向かい、怪奇現象へ巻き込まれていく。

会見に現れた早見だが、体調を崩し「声が出ません……」と弱々しく説明。ホラードラマのため「多分呪われたんだと思うんですけど……」とかすれた声でうめき、周囲を笑わせた。「伝えたいことが全然伝えられなくてもどかしい」と悔しがりながら、役について紹介していたが「もうダメだ……」と諦めた。

ウィスパーボイスに切り替えた早見は、驚きの心霊体験エピソードを披露。撮影中に人形を肩に乗せていた早見は、撮影後首が回らなくなってしまったという。また、心霊スポットで撮影したために頭痛もひどくなり「ずっと塩を持ってました。多分、憑いてたんだと思います」と語った。

さらに、今は感じにくくなったが子供の頃は「見えていた」という早見は、「小学校の時に、掃除ロッカーの前に、ずっとスーツ着たおじさんがいました」と告白し、周囲を驚かせる。「怖くなかったので、見守ってくれてる人が見えてただけ。ライブハウスとかは沢山いますね。人の念だと思います」とさらっと語り、「すごく具合が悪くなったりとか、頭掴まれたりしたのが怖かったですね」と振り返った。

table class="Photo1" width="50" align="center"

関連記事(外部サイト)