山下聖菜、白娘からベアトリーチェへ - 「運命を切り開く」その先の舞台『遠い夏のゴッホ』

山下聖菜、白娘からベアトリーチェへ - 「運命を切り開く」その先の舞台『遠い夏のゴッホ』

画像提供:マイナビニュース

女優の山下聖菜(18)が13日、東京・天王洲銀河劇場で舞台『遠い夏のゴッホ』(7月14〜23日:東京・天王洲銀河劇場/7月29日、30日:大阪・森ノ宮ピロティホール)の公開ゲネプロを行った。恋人への一途な思いを全身全霊で演じ切るその姿は、今年5月に主演した舞台『幻想奇譚 白蛇伝』のセリフ「運命を切り開く」を呼び覚ます。

『遠い夏のゴッホ』は、2013年に松山ケンイチが初舞台として出演したことでも知られ、セミの主人公と人間ではない生き物たちによる生命賛歌の物語。初演から絶賛され、今回は主演に安西慎太郎を迎えた。作・演出の西田シャトナー氏は脚本を改稿、新たな演出手法で究極の純愛を再び紡ぎ出す。

山下が演じるのは、ユウダチゼミのヒロイン・ベアトリーチェ役で、安西演じるユウダチゼミ・ゴッホの幼なじみ。好物であるキンイロケヤキの根の蜜を吸って穏やかな日々を過ごしていた中、1年早く羽化してしまったゴッホは「君が地上に出てくる来年まで、僕は必ず生き延びてみせる」と誓って、セミには絶対不可能な越冬の大冒険に挑む。

ゲネプロ前の囲み取材で、「ゴッホが1年早く羽化してしまって、1年後に会える日を楽しみに強く生きている。その真っ直ぐな愛を見ていただきたいと思います」と役に込めた思いを語った山下。その言葉通り、舞台上のベアトリーチェは不安と希望の中でたくましく生き、ゴッホへの愛を胸に成長する姿を見せてくれる。

今年5月、スタンディングオベーションで千秋楽を終えた主演舞台『幻想奇譚 白蛇伝』では、深い傷を負って下界へと落ちた白蛇の妖・白娘を演じた。命を救ってくれた心優しい薬売りの青年・許仙に愛を誓うが、妖と人間の愛を阻む者たちが次々と現れる。周囲に翻弄されながらも、白娘は「運命を切り開く」と懸命に愛を貫こうとする。

『遠い夏のゴッホ』のゲネプロを終えた山下は、引き締まった表情で「ここからいろいろと改善点もあるんですが、初めて劇場で通したのでとりあえず終えられてよかったです」「見える世界が違いました。まずは自分の役を明日の初日に向けて固めて、周りの方ともきちんとコミュニケーションをとりながら『遠い夏のゴッホ』という世界観を老若男女、多くの方に届けたい」。初日を迎える14日、ベアトリーチェ役で女優としての運命を切り開く。
(水崎泰臣)

関連記事(外部サイト)