「午前4時の路上味噌汁」松居一代、聖子の着席公演、さかなクンデート報道 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

「午前4時の路上味噌汁」松居一代、聖子の着席公演、さかなクンデート報道 - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

画像提供:マイナビニュース

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞などで報道された芸能ニュースをコラムニストの木村隆志が、「芸能界のしがらみ無視」で厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースをサクッとつかめる。

■5位:ギョギョッ! さかなクンが美人奏者とデート。プレゼントは……

『FLASH』が、さかなクン(年齢非公表)の親密デートを報じた。

7月上旬、都内のうどん店でさかなクンとデートしていたのは、サックス&フルート奏者の小林香織(35)。日本だけでなくアジア各国でCDリリースやコンサートを行う実力派のアーティストだが、2012年にタイのサックス協会から「アジアでもっとも美しいサックスプレイヤー」の称号を贈られたほどの美人らしい。

CMでスカパラと共演したことからも分かるように、さかなクンも腕利きのサックス奏者。2人は3年前に出会い、昨年8月に発売した小林のアルバムにさかなクンがゲスト参加するほどの仲という。

デートの日、うどん店を出た2人はさかなクンのエスコートでカフェへ移動。閉店時間まで楽しげに話し、お互いのプレゼントを交換して帰ったようだ。ちなみに、さかなクンのプレゼントは魚肉ソーセージ。この日はハコフグの帽子こそ外していたが、さすがキャラは徹底されている。

■4位:松田龍平夫妻と観月ありさ夫妻が、不仲説を覆すアツアツ2ショット

『FRIDAY』が不仲の噂がある夫婦の近況を報じた。

1組目は、「松田龍平 妻と愛娘と公園デート パパの顔」。7月上旬、世田谷区の公園に松田龍平(34)と太田莉菜(29)の姿があった。同誌には、愛娘を連れて公園を訪れ、楽しげに笑い合う2人の写真が掲載されている。今年2月、太田の浮気疑惑を発端とした別居・離婚報道があったが、今回の写真で完全に払しょくできたのではないか。

2組目は、「不仲説もどこ吹く風 観月ありさ 夫と夜の手つなぎデート」。7月6日21時30分、観月ありさ(40)と青山光司氏(45)は代官山にいた。2015年の結婚から約2年が過ぎたが、青山氏は前妻・上原さくらとのドロ沼離婚劇の印象が強く、観月が「家事は一切やらない」と公言したこともあって不仲説は消えず……。しかし、今回2人が手を握り合って歩く写真が掲載されるなど、むしろ新婚ムードのようだ。「16億円の大豪邸を建設中」とも言われるだけに、これで不仲説も打ち止めか。

ところで不仲説を払拭した2組の夫婦は、松居一代(60)と船越英一郎(56)の騒動をどう見ているのだろうか……。

■3位:大地真央の12歳年下夫が告白。「数年前から別居中です」

『女性自身』が大地真央(61)の別居を報じた。

大地は2007年に世界的インテリアデザイナーの森田恭通氏(49)と結婚。森田氏の熱烈なアプローチによるものであり、人目をはばからずスキンシップする姿が何度もワイドショーで映され、「毎年クリスマスに森田氏がサンタクロースのコスプレをする」などのラブラブエピソードも多かった。しかし、森田氏は多いときには年間100日以上もの海外出張があるほど超多忙で、大地とすれちがうことが増えていったという。

記者の直撃を受けた森田氏は、「僕が今、仕事で都内のアトリエと自宅を行ったり来たりなんです。海外も多いですし、彼女は舞台が多いので、この10年の間でお互いストレスが溜まらないように、それぞれのスケジュールを考えて、このような生活をしているんです」と釈明。さらに、「彼女とはちゃんと仲が良いので、変なふうに言われてしまうと困ります。先週も家で一緒に過ごしましたよ」と記者にクギを刺した。2〜3年前から別居しているというから、もはや当たり前のようになっているのだろうか。

もし不仲ではなかったとしても、結婚後にあれほどイチャイチャしていた夫婦が別居生活を選ぶところに、多少なりとも闇を感じざるを得ない。何より「建物面積646平米」の大豪邸に1人で住むなんて、やっぱり大女優しかできない芸当だ。

■2位:松田聖子が大ケガで異例の着席コンサート。夫とシンガポール療養へ

『週刊文春』と『女性セブン』が松田聖子(55)の“異常事態”を報じた。

まず『週刊文春』が報じたのは、今月7・8日に日本武道館で行われたコンサートでの異変。開始直前、聖子が「不慮の事故のため一部演出を変更しての公演となります」と自らアナウンスを入れた。さらにステージがはじまると、椅子に座ったまま歌いはじめたのだ。

その後、聖子は異例の着席コンサートになった理由を「少し前に転んでしまい背中と腰を強打して、はじめは立ち上がることすらできなかった」と釈明。首が動かないほどの痛々しい姿に、客席から応援の声が飛んだようで、聖子は何度も「ごめんなさい」と謝罪しながら歌い切ったという。

一方、『女性セブン』は、コンサート後の聖子をキャッチ。10日、聖子はシンガポールの空港にいた。ファーストクラスのカーテンが開き、空港で目撃された聖子はやはり車椅子姿。2012年に結婚した歯科医の夫に寄り添われながら、なじみのホテルへ向かい、母も含めて家族水入らずの時間を過ごしながら療養するらしい。

現在、聖子は6月10日からツアーをスタートして折り返し地点を過ぎたところ。「コンサートの2日前まで起き上がることもできなかった」ほどのケガだけに、8月20日の最終日まで、まだまだ波乱含みだ。

■1位:松居一代の暴走が爆笑化! 徹夜のブログ修復、手紙朗読、路上味噌汁

今週は夫婦のネタばかりだったが、やはり過激さでは群を抜いていた。ワイドショーも週刊誌も、松居一代と船越英一郎の話題ばかり。「ここで採り上げるのをやめよう」と思っていたが、次々にヘンなネタが出てきて笑わされた結果、1位に選んでしまった。

まず週刊誌の見出しだけでも面白い。『週刊文春』が「松居一代『虚飾の女王』 船越英二 位牌投げ捨て 恐怖のノートの中身写真」、『週刊新潮』が「犬も食わない夫婦喧嘩が『火曜サスペンス』を超えた! どこまでやるの 松居一代と船越英一郎」、『女性自身』が「船越英一郎を戦慄させた 妻が24時間、GPSで監視を……」、『週刊女性』が「松居一代が持つ あの『恐怖のノート』の中身と船越英一郎の胸の内」、『女性セブン』が「独走スクープ 松居一代がひた隠す7つの嘘」。

この一週間だけでも、松居が身を寄せる謎のおばあちゃん(89)が出てきたり、ブログ閉鎖危機のカンちがいで徹夜作業したり、午前4時にお湯を注いだ味噌汁を持って道を歩いたり、「劇作家からの手紙が別居の引き金になった」と勝手に手紙を朗読したり……もはや爆笑の連続。暴言による名誉棄損罪だけでなく、別宅に忍び込んだ住居侵入罪だの、パスポートなどを盗んだ窃盗罪だの、成立するかは別にして、もはや犯罪者扱いになっている。

そもそも松居自身、「刑務所に入る覚悟をしています」と言っているのだから、覚悟の上なのか。「命をかけて最高裁まで争います。船越が『申し訳なかった』と頭を下げるまでガッツでまいります」と宣言した松居なら、もし逮捕されたとしてもあきらめないのではないか。

□おまけの1本「ベンガルと朝加真由美が不倫9年? 妻は離婚拒否」

『女性自身』が熟年俳優2人の不倫疑惑を報じた。

6月下旬の夜、都内の寿司店に現れたのは、ベンガル(65)と朝加真由美(61)。ともに売れっ子のバイプレーヤーだ。食事を終えた2人はスーパーで買い物をして、そのまま一緒のマンションへ……とはならず、別々に帰っていったという。ただ、掲載されたスーパーでの2ショットは完全に長年連れ添った夫婦のムードだった。

そこで記者は真相を探るべく、ベンガルの妻を訪ねる。妻は「ベンガルが朝加とつき合い出した9年前に家を出た」ことを明かし、別居を認めた。しかし、離婚については「家族がいるから離婚は望んでいません」とキッパリ。ただごとではない様子がうかがえる。

後日、記者がベンガルを直撃すると、「もう10年くらいですね」と別居こそ認めたが、朝加との関係は「近所に住んでいる友達。(不倫は)してないです」と否定した。

体の関係はさておき、ベンガルと朝加が精神的に結びついているのは間違いなさそうだ。

■プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ解説者、タレントインタビュアー。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超える重度のウォッチャーであり、雑誌やウェブに毎月20〜30本のコラムを執筆するほか、業界通として各メディアに出演&情報提供。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもあり、著書は『トップ・インタビュアーの聴き技84』など。
(木村隆志)

関連記事(外部サイト)