『銀魂』、興行収入9.8億円で2017年実写邦画No.1スタート! 応援上映も企画

『銀魂』、興行収入9.8億円で2017年実写邦画No.1スタート! 応援上映も企画

画像提供:マイナビニュース

小栗旬主演の映画『銀魂』(7月14日公開)の興行収入が9.8億円を記録したことが、18日わかった。

同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、『HK 変態仮面』シリーズやTVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。

初日から10代、20代を中心とした若年層を中心に支持を受け、平日にも関わらず1億7602万5800円という好記録となった。さらに15日、16日の週末2日間では5億4103万2900円を記録し、2017年に公開された実写邦画のオープニング2日間の記録を更新。17日を含むオープニング4日間の興行収入は9億8229万1500円、動員は74万2254人となった。

この記録は、52.2億円のヒットとなった『るろうに剣心 京都大火編』(2014年)のオープニング4日間の興行成績である9億8536万円と比肩することから、『銀魂』も最終興行収入50億円突破に期待がかかる。また、今後も大ヒット舞台挨拶や、観客が声を出し映画を楽しむ”応援上映”などが企画されている。

?(C)空知英秋/集英社 (C)2017映画「銀魂」製作委員会

関連記事(外部サイト)