千原ジュニア&野性爆弾・くっきー、"地上波実現不可能"な企画に手応え「新しい遊び場」「ヒリつく番組」

千原ジュニア&野性爆弾・くっきー、"地上波実現不可能"な企画に手応え「新しい遊び場」「ヒリつく番組」

画像提供:マイナビニュース

ダウンタウン・松本人志の『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』に、今田耕司&東野幸治の『今田×東野のカリギュラ』など、実験的なバラエティが配信されるAmazonプライム・ビデオで、また新たな番組がスタートした。千原ジュニアが芸人を集めてさまざまな1位を決める『千原◯ニアの◯◯-1GP』、野性爆弾がやりたい放題する『野性爆弾のザ・ワールド チャネリング』も、先輩芸人の番組に負けず劣らず、昨今の地上波でお目にかかれないエッジのきいた企画が次々に放たれている。

そこで、千原ジュニアと野性爆弾・くっきーを直撃。今回の番組にかける思いを聞いた――。

――Amazonプライム・ビデオという場所で、なかなか地上波ではできないような企画が展開されていますよね。お2人がご自身の番組でそれぞれ「これはよく実現できたなぁ」と思う企画はどれですか?

ジュニア:ふとした言動や行動で人を傷つけている、傷つけた人にプラスチックのカラーバットで頭にフルスイングして制裁する「フルスイング-1グランプリ」ですね。血がほんのり出るシーンもあるんですけど、こういうのはもう地上波ではできないんですって。

――この企画はジュニアさんの発案ですよね。

ジュニア:なんか人が頭を思いっきりいってんの、見たいなーって思って(笑)。彼らにはいろいろ聞きたい、言いたい思いがそれぞれあるんじゃないかと思うんですよね。だから、フルスイングはあくまで振りで、そこから始まるトーク番組なんです。

――くっきーさんはいかがですか?

くっきー:昨日もロケやってたんですけど、今旬のアイドルの人らを呼んで、脇にレモン汁しぼらせてもらったりとか、矢口真里さんの口の中に指突っ込んだりとか(笑)。そういうのはやっぱり地上波じゃできんと思うので、至福の時間ですよね。基本的に設定を1個だけ決めて後は突っ込んでいく番組なんで、何をするかはその時の僕の脳みそ次第なんです。

――ジュニアさんはくっきーさんの番組をご覧になって、またくっきーさんはジュニアさんの番組に出演されていますが、互いの番組の印象はいかがですか?

ジュニア:もう本当に"野爆100%"っていう感じですよね。

くっきー:ジュニアさんも、ぜひ一緒にロケ行ってほしいですね。

ジュニア:あぁ。お断りします(笑)

くっきー:ありがとうございます、助かります。じゃあスケジュール押さえさせてもらいます、ありがとうございます。レギュラー番組休んでも出てくれるなんて幸せですよ。

ジュニア:いやいや、無理なんで…(苦笑)

――くっきーさんは、ジュニアさんの番組に出られて、いかがでしたか?

くっきー:ホンマに居心地の良い空間ですね。こっちも楽しめて、ヒリつく感じもあるし、すごく良い空間でした。芸人冥利に尽きます。

――また出てみたいと思いますか?

くっきー:あぁ、ちょっと僕スケジュール無理なんで…。

ジュニア:(苦笑)

――Amazonプライム・ビデオでは、先輩の松本人志さんや、今田耕司さんと東野幸治さんも番組をやられていますが、ご覧になっての印象はいかがですか?

ジュニア:本当に自由にやってる感じですよね。

くっきー:ただただ、いち視聴者としてケタケタ笑いながら見させてもらってます。松本さんの『ドキュメンタル』は参加させていただいて、これもなかなかヒリつく番組でした。面白かったぁ。

――さきほどから出てくる「ヒリつく」は、キーワードですね。

くっきー:そうですね。やっぱり、スベれないというヒリつき具合があるんですよね。松本さんはそりゃそうですし、ジュニアさんも足向けて寝れない、僕の中ですごく偉大な方なんで、ジュニアさんの前で恥かけない…

ジュニア:(※くっきーの肩をどついてツッコミ)

――あらためて、ご自身の番組の見どころをお願いします。

ジュニア:バラエティ番組として懐かしくもあり、(企画を)やってる側としては今までになかったものみたいな感じでやってます。

――この番組が盛り上がって、実は地上波でもできる企画なんじゃないかという流れができそうな期待もありますか?

ジュニア:そうなればそうなったでありがたいですけど、こうやって新しい"遊び場"を与えてもらえるっていうことで、うれしい限りですね。近所に1個公園が増えたみたいな感じです。

――もうすでに大事な存在になってるんですね。くっきーさんは?

くっきー:そうですね。僕は、縦に弾んでる笑いが好きなんですよ。「タン、タン」より、「バン!バン!」みたいな。そういうのができるから、楽しいですね。

――ん〜、もうちょっと分かりやすい表現があれば…

くっきー:近所に公園が1個増えたみたいな…

ジュニア:(※くっきーの肩をどついてツッコミ)

くっきー:すいません!

■プロフィール千原ジュニア1974年3月30日生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。実の兄弟、兄の千原せいじとのお笑いコンビ・千原兄弟でボケを担当するほか、司会者、俳優など多岐にわたり活躍。9月21日・22日に草月ホール(東京)で新境地ライブ「1P(いちぴー)」を開催予定。くっきー1976年3月12日生まれ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。ロッシーとのお笑いコンビ・野性爆弾でボケを担当するほか、バンド活動も行う。また、独特な世界観で絵画も描き、『野性昔ばなし』『野性爆弾くっきーの[激似顔マネ]図鑑』など書籍も発売中。9月28日には東京国際フォーラムホールで「野性爆弾大博覧会『鬼歩歩(きぽぽ)ちゃん』〜やりたいネタの集い〜」を開催予定。
(中島優)

関連記事(外部サイト)