KinKi Kids、剛の入院を振り返る - 代役務めてくれた長瀬&相葉&松本に電話

KinKi Kids、剛の入院を振り返る - 代役務めてくれた長瀬&相葉&松本に電話

画像提供:マイナビニュース

7月21日にCDデビュー20周年を迎えるアイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本光一と堂本剛が、『週刊ザテレビジョン』7月19日発売号の表紙およびグラビアを飾っている。

今号では、「ふたりの過去、今、これから」と題してKinKi Kidsを総力特集。2人がアレンジした花の額縁を使用した表紙に加えて、花に囲まれた"メモリアルフラワーピンナップ"と撮り下ろしグラビアを収録する。

また、同誌の伝説連載「関係者以外立ち入りKinKi」が"2017年バージョン"として1号限りの復活。連載時のテーマで光一と剛が今の心境を語る。そして、「KinKiKids20年分写真集」として、2人が歩んできた20年の軌跡を同誌が撮影してきた未公開ショットと共に振り返る。

さらに、スペシャルインタビューでは、『THE MUSICDAY 願いが叶う夏』(日本テレビ系)で入院中だった剛に代わり、光一と嵐の相葉雅紀、松本潤がパフォーマンスしたことについて、光一が「いい話みたいにしちゃいけない」という前置きの元、当日の心境を告白。一方、剛は自分をフォローしてくれた光一、長瀬智也、相葉、松本に対して、電話をしたことを明かしている。

関連記事(外部サイト)