堂本光一、ファンへのドS発言は「信頼があるから」- ブチギレられた経験も

堂本光一、ファンへのドS発言は「信頼があるから」- ブチギレられた経験も

画像提供:マイナビニュース

アイドルデュオ・KinKi Kidsの堂本光一が、19日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00〜23:30)にゲスト出演し、ファンとの関係の変化について語った。

7月21日にCDデビューから20年を迎えるKinKi Kids。番組では、KinKi Kids、そして堂本光一の歴史を掘り下げ、TOKIOのメンバーと共にジャニーズ事務所の合宿所時代の話などで盛り上がった。

また、ファンとの関係について、光一は「ステージでの印象は、昔から応援してくださってる方なんかは『変わっちゃったな』と思ってると思います」とコメント。長瀬智也が「けっこうドSキャラだもんね、ライブだと」と言うと、「MCとかでドSになっちゃった」と返した。

そして、光一は「昔はそういうのを言わなかったんですけど、20年間ないしは20年以上応援してくださっている方も多くいらっしゃる。そうすると、信頼があるから言えるというのもある。共に年取ったねっていうようなことを…」と説明。

国分太一が「ブチギレられたことはないの?」と尋ねると、「1回デブネタをお客さんに対して、毒舌みたいな感じで言ったら、お客さんに『うるせぇハゲー!!』って言われた」と打ち明け、TOKIOのメンバーは爆笑していた。

関連記事(外部サイト)