芳根京子&夏菜、朝ドラ苦労話で共感「重圧すごかったよね?」「私も泣いた」

芳根京子&夏菜、朝ドラ苦労話で共感「重圧すごかったよね?」「私も泣いた」

画像提供:マイナビニュース

女優の芳根京子が、21日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ダウンタウンなう』(毎週金曜21:55〜)の「本音でハシゴ酒」企画にゲスト出演。"飲み仲間"として参加した女優の夏菜と、朝ドラの苦労話で盛り上がった。

2016年度後期『べっぴんさん』で第95代ヒロインを務めた芳根と、2012年度後期『純と愛』で第87代ヒロインを務めた夏菜。当時の視聴率の話になり、夏菜が「大丈夫だった? 重圧すごかったよね?」と尋ねると、芳根は「すっ…」と苦しそうな表情を見せ、夏菜も「だよねえ。わかるよ、ほんと」と同調した。

また、芳根は「7月に体調を壊して、8月にマネージャーとケンカをして、9月に精神が崩壊する」という朝ドラ歴代ヒロインのジンクスを説明した上で、「私は全部覆しました。その期間は何もなかったです」と得意げな表情。それでも、「撮影が終わる3週間前に崩壊しました。爆発しました」と打ち明け、「『あと1カ月で終わるね』って言われすぎたんです。でも、あと1カ月がどれだけつらいか知ってるかって…。演出のチーフの方(梛さん)が優しくて、ブワーって泣いちゃって」と振り返った。

芳根はさらに、「役の話をしてたんですけど、ふと我に返ったときに泣き出して、『どうした?』『わかんないです。帰りたい。家族に会いたい。寂しい。苦しい。眠たい』って」と当時のやりとりを告白。夏菜も同じディレクターの前で泣いたことを明かし、「やっぱ梛さんなんだよね。私も梛さんに泣いた。いつも梛さんだった、頼るの。わかるわかる」と共感していた。

関連記事(外部サイト)