千鳥・大悟、不倫の直撃取材は「脳が凍りついた」- 2度目に妻が強烈な一言

千鳥・大悟、不倫の直撃取材は「脳が凍りついた」- 2度目に妻が強烈な一言

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビの千鳥が、きょう22日(14:52〜)に放送されるカンテレのバラエティ番組『おかべろ』に登場。大悟が、不倫報道の秘話を告白する。

テレビ局近くの飲食店へ収録の合間に訪れる有名人に、ナインティナインの岡村隆史と、店主のロンドンブーツ1号2号・田村亮が質問をぶつけていくという設定の同番組。千鳥は、大阪から東京に拠点を移して5年となり、「やっと東京に慣れてきた」と話すが、岡村は「羽根伸ばしてきたな…」と、大悟の不倫について切り込む。

これまで2回不倫をスクープされている大悟は、自らの不倫が報道される前は、「(報道された際に)芸人が、謝罪とかオドオドするな。(取材には)ボケで返したらいいんや!」と豪語していたというが、自身が直撃された際は「ボケられない! 脳が凍りついた…」と心境を語る。1回目から2回目の報道まで、わずか4カ月ほど。2度目に週刊誌にスクープされた時に、記事を見た大悟の妻が放った強烈な一言に、岡村は爆笑する。

また、大悟は、あるバーで飲んでいたところ、大物俳優・Sが後からやって、「お〜大悟、おれ、お前のこと好きだよ!」と声をかけてもらったエピソードを紹介。さらに、志村けんと週1で飲むほど親しいそうで、知られざる志村の素顔を暴露する。

ほかにも、大悟はノブのことを「東京に来てから、美意識がすごく高くなってきた…」と告発。全身脱毛や、顔のシミ取りなどに気をつかっていると言い、「グラビアアイドルみたいなことを言っている」と明かすと、戻ってきたノブは、必死に釈明する。

関連記事(外部サイト)