中島健人、主演映画は王子禁止&解禁! ”運命を創造する”持論も

中島健人、主演映画は王子禁止&解禁! ”運命を創造する”持論も

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・Sexy Zoneの中島健人が22日、都内で行われた主演映画『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)の公開初日舞台挨拶に、共演の芳根京子、石井杏奈、寛一郎、熊澤尚人監督とともに登場した。

同作は2015年に上映され大ヒットした同名の劇場版オリジナルアニメを実写化。やる気のない高校生・坂上拓実(中島)は、幼い頃のトラウマから喋ろうとすると腹痛におそわれるため筆談で交流するクラスメイト・成瀬順(芳根)とともに「地域ふれあい交流会」(=ふれ交)実行委員に任命され、ミュージカルを上演することになる。

同作の見どころを聞かれた中島は「この作品の肝ともなる、ミュージカルシーン」と回答。「みなさんすごく努力されて、日々踊りや歌を積み上げて作った」と共演者を讃え、「歌、踊り、込められたメッセージを楽しみにしてください」と観客に語りかけた。

作中ではオーラを消すことが求められたが、中島は「監督から『ここは”ケンティー”でいてくれ』という許可が下りたので」と、普段のキャラクターを開放できたことを明かす。熊澤監督も「王子禁止と、王子解禁と、2つありましたね」と、作中の様子を振り返った。

また、中島は「ポジティブ・シンキング」に支えられていると語り、「運命も迎え入れるものじゃなくて、創造するものだなと思ってます」と持論を展開。「明るい言葉に、自分は強くしてもらってます。いつも」と明かした。

自身の役名である「坂上拓実」を言う際に若干噛んでしまい、「甘噛み拓実になってしまいましたね」と照れるお茶目な一面も見せた中島。「言葉は人を強くしますし、この作品の大テーマである最高の失恋も、みなさんの明日を強くしてくれると思います」と語り、「この最高の失恋映画で、みなさんの明日がより良いものになると信じてますので、ぜひとも『ここさけ』を愛してください」と真摯にメッセージを贈った。

関連記事(外部サイト)