『コード・ブルー』夏ドラマ初回視聴率トップ! 『カンナさーん!』3位に

『コード・ブルー』夏ドラマ初回視聴率トップ! 『カンナさーん!』3位に

画像提供:マイナビニュース

7月スタートのプライムタイムの民放夏ドラマ初回視聴率が出そろい、トップは16.3%を記録した山下智久主演のフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜21:00〜)となった(視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区 ※以下同)。

○2017民放夏ドラマ初回視聴率ランキング

『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』は、山下に新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介演じるフライトドクター・ナースたちの活躍を描くもので、前シーズンから7年ぶりに復活。放送前から注目を集め、マイナビニュース調べの夏ドラマ期待度ランキングでは断トツの1位となったが、これが視聴率にも現れた形だ。

近年、フジテレビの看板ドラマ枠"月9"は苦戦が続いていたが、同枠で視聴率が15%を超えるのは、嵐・相葉雅紀主演『ようこそ、わが家へ』の最終回(2015年6月15日、15.0%)以来、約2年ぶりとなった。

2位は、上川隆也主演の『遺留捜査』(テレビ朝日系、毎週木曜20:00〜)で13.1%。こちらも、今作が連ドラ4シーズン目という人気シリーズで、安定した人気ぶりを見せた。

そして、4位に第3シーズンとなる東山紀之主演『刑事7人』(テレ朝系、毎週水曜21:00〜)、5位に松本清張原作で何度もドラマ化されている武井咲主演『黒革の手帖』(毎週木曜21:00〜)が入る中、3位にコミック原作で初ドラマ化された渡辺直美主演の『カンナさーん!』(TBS系、毎週火曜22:00〜)が食い込んだ。

ちなみに、『コード・ブルー』『遺留捜査』『カンナさーん!』の上位3作は、マイナビニュース調べの夏ドラマ期待度ランキングと同じ結果となっている。

なお、前クールの春ドラマは、初回で2ケタをマークしたのが11作品だったが、今クールは8作品となった。

関連記事(外部サイト)