山崎育三郎、真夏の撮影は衣装を切りたい「短パンにして光GENJIみたいに」

山崎育三郎、真夏の撮影は衣装を切りたい「短パンにして光GENJIみたいに」

画像提供:マイナビニュース

俳優の山崎育三郎が24日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われたテレビ朝日系主演ドラマ『あいの結婚相談所』(28日スタート、毎週金曜23:15〜)の制作発表イベントに出席。真夏でも派手なジャケットを着ての撮影に、「暑いので、この服を切りたい」と願望を語った。

山崎演じる結婚相談所所長の藍野真伍と、アシスタントのシスターエリザベス・猪田花子(高梨臨)が、毎回ワケありの依頼者をゲストに迎え、入会金200万円で願いを成就させていく同作。劇中では、ミュージカルスターの山崎がストーリーに合わせて歌い、踊るシーンもあるという異例の設定だ。

そこで、ステージ上には大階段が用意され、高梨臨、中尾暢樹、山賀琴子、前田美波里、鹿賀丈史の順にキャストが降りてくる中、最後の山崎は得意の美声を響かせて歌いながら登場し、客席も回って抜群の存在感を示した。

山崎が歌ったのは、劇中でカップルが結ばれた時に突然歌い出すという曲で、その異様な設定に会場からは笑い声が。山崎は今作について「藍野さんとしては一生懸命カッコいいと思って歌ったり踊ったりしてるんですけど、周りから見ると笑われてしまうんですね。ミュージカルの時は、どっちかというと『すてき!』みたいな感じで笑われないので、周りから『どうした?』と捉えられるのがすごく絶妙なところで、『あいの結婚相談所』にしかない、どのドラマにもない新しい世界観ですね」とアピールした。

その上で、「この世界に浸って見ていただくことが、正解なんじゃないかなと思います。冷静に見ると、ちょっとチャンネル変えたくなると思いますので(笑)」と呼びかけた。

撮影は夏真っ盛りのシーズンに行われるが、山崎は常に派手なジャケットの衣装を着用。この夏にしたいことを聞かれ、「僕はこの格好を脱いで海に行きたいですね。暑いので、この服を切りたいなと思ってて。短パンにして光GENJIみたいに」とかなわぬ願望を語りながら、「シスターもぜひ」と、こちらも暑さを感じそうな衣装を着ている高梨を誘っていた。

関連記事(外部サイト)