窪田正孝『ラストコップ』で性格変化!? 共演者驚き「こんなキャラだった?」

窪田正孝『ラストコップ』で性格変化!? 共演者驚き「こんなキャラだった?」

画像提供:マイナビニュース

俳優の窪田正孝が、23日に放送された日本テレビ系トークバラエティ番組『おしゃれイズム』(毎週日曜22:00〜)にゲスト出演。映画化もされたドラマ『ラストコップ』(同局)出演をきっかけに、性格が明るくなったことを明かした。

窪田は「休みとなったら基本的に唐沢さんに連絡します。3日に1回くらい連絡とってるレベルかもしれないです」と尊敬する俳優の唐沢寿明との関係を明かし、食事会で唐沢からとんでもない司令を出されることも告白。「頭たたいてこい!」「初対面なんですけど…」「大丈夫。行けー!」「はい! ウォーーー!」などと、ものすごい勢いでそのやりとりを再現してみせた。

すると、森泉が「あれ? こんなキャラだったっけ?」とトーク全開の窪田に驚き、くりぃむしちゅーの上田晋也も「確かに。前会った時はおとなしい感じ…」と同調。『ラストコップ』で共演した藤木直人が「『ラストコップ』やって壊れたんだと思います」と言うと、窪田は「そう」と認め、「藤木さんをはじめ大人の大先輩の方々とご一緒したことでものすごく明るくなりました」と打ち明けた。

窪田は「たぶん、『ラストコップ』で明るいお芝居をさせてもらったことが、心の扉を開いてくれた」と続け、「芝居で明るくするんじゃなくて、普段から明るくもできますっていう風になれたのは、一つ経験の重ねるものになったんじゃないか」と分析。さらに、「昔はいっぱいしゃべると疲れちゃったんですけど、知らない間に自分のブレスのポイントとか覚えてきてしゃべれるようになってきた」と話し、上田は再び「だいぶ明るくなったな!」と驚いていた。

関連記事(外部サイト)