波瑠『BORDER』復活で久々"比嘉ミカ"姿 - スカートの短さに「怯みました」

波瑠『BORDER』復活で久々"比嘉ミカ"姿 - スカートの短さに「怯みました」

画像提供:マイナビニュース

女優の波瑠が25日、公式ブログを更新し、小栗旬主演のテレビ朝日系スペシャルドラマ『BORDER2 贖罪』(年内放送予定)への意気込みと撮影オフショットを公開した。

同作は小栗と直木賞作家・金城一紀氏が再びタッグを組んで2014年に放送された連続ドラマ『BORDER』が復活するもの。ほかに、青木崇高、遠藤憲一、古田新太、滝藤賢一、野間口徹、浜野謙太といったキャスト陣が再集結し、連続ドラマの最終回にゲスト出演した大森南朋も登場する。

波瑠は「帰って来れました。」と題して更新し、「2014年に放送されたTVドラマ、BORDERが復活いたします。また比嘉ミカ役として参加できることになりました。ありがたいです。」と、あらためて復活を報告。「もう3年も経っていました。当時の衣装そのままです。比嘉のスカート、こんなに短かったかと怯みました」と、心境を吐露した。

そして最後には「また皆様に楽しんでいただけますように。頑張ります」と意気込み。ファンからは「やったー楽しみにしてます」「頑張って下さいね」「楽しみに楽しみにしています」「ツンとしたミカ役、大好きでした。楽しみ」「スカートも含め、メチャメチャ楽しみです」といったドラマ放送を楽しみにする声や、「やっぱり波瑠さんのショートカットは似合いますね〜」「良い写真」「写真もとっても可愛いぞ〜」「比嘉さんになってますね!!」と、久々の"比嘉ミカ"姿に反響が集まっている。

関連記事(外部サイト)