小泉今日子×宮藤官九郎『逃げ恥』枠でタッグ! 満島ひかり・菅野美穂ら出演

小泉今日子が、宮藤官九郎が脚本のドラマで主演 満島ひかり、夏帆、菅野美穂らも出演

記事まとめ

  • 小泉今日子が、宮藤官九郎が脚本を務めるTBS系『監獄のお姫さま』で主演を務める
  • 16年ぶりのTBSドラマ主演で他には満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子らが出演する
  • 小泉と宮藤は『あまちゃん』や『マンハッタンラブストーリー』でもタッグを組んでいる

小泉今日子×宮藤官九郎『逃げ恥』枠でタッグ! 満島ひかり・菅野美穂ら出演

小泉今日子×宮藤官九郎『逃げ恥』枠でタッグ! 満島ひかり・菅野美穂ら出演

画像提供:マイナビニュース

女優の小泉今日子が、宮藤官九郎が脚本を務める10月スタートのTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(毎週火曜22:00〜)で、16年ぶりにTBSドラマ主演を務めることが25日、わかった。そのほか、満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂らが出演する。

このドラマは、女子刑務所の中という過酷な状況でたくましく生きる女たちの群像劇。不貞を働いた夫を刺した殺人未遂で女子刑務所に入所した主人公の馬場カヨ(小泉)は、それぞれ違った罪で入所した足立明美(森下)、勝田千夏(菅野)、大門洋子(坂井)、江戸川しのぶ(夏帆)、そして、厳格な刑務官にして教官の若井ふたば(満島)と出会う。

罪を犯した5人の女たちは徐々に仲間意識が芽生え、ふたばも彼女たちと過ごしていくうちに気持ちを奪われていく。そして、しのぶが冤罪で服役していることを告白。カヨは出所後4人で集まってまだ刑務所にいるしのぶの冤罪を晴らす復讐計画を立て、ふたばもその計画に加わることに。5人は、大企業のイケメン社長を誘拐して殺人の真相を暴こうと、さまざまなハプニングに陥りながら奮闘していく。

『恋を何年休んでますか』(2001年)以来、16年ぶりのTBSドラマ主演となる小泉。宮藤とのタッグは2013年上期に放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』以来、TBSでは2003年10月期の『マンハッタンラブストーリー』以来14年ぶりで、「久しぶりの宮藤官九郎さんの脚本です。脚本通りに演ずれば面白いこと間違いなしだと思ってます」と信頼を寄せ、「魅力的な役者さんたちとの共演もとても楽しみです」と期待している。

宮藤は「これまで色んなドラマを作って来ましたが『で、つまるところ俺は何が書きたいんだ』と自問自答しました。結局、おばちゃんのお喋りを書いてる時がいちばん楽しいという結論に至りました。大好きな女優さんの大好きなお芝居が観たい。それがこの『監獄のお姫さま』の核心です」と説明。「思いがけず壮大な復讐劇になりました」と言うも、「核心は変わりません。愛すべきカッコイイおばちゃんのおしゃべりと衝動によって転がり続ける無責任クライムエンターテインメント。楽しんでもらえたら最高です」とアピールする。

また、満島は「出演者を聞いてうひゃーとなり、脚本は可笑しくて読み進めるのが大変でした(笑い止まらず)。わたしの中では、癒し系ドラマになる予感です」とコメント。菅野も「宮藤さんとは、脚本では初めてご一緒させて頂くのですが、エスプリと同時に、炸裂感のあるクドカンワールドに自分も参加させて頂けることに、ワクワクしています。そして、小泉さんとご一緒できるなんて…やったー!! 本当にウソみたいで、うれしい気持ちでいっぱいです」と喜びを語った。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)