片山萌美、ショーパンで美脚披露! 大根監督の「谷間作って」指令も明かす

片山萌美、ショーパンで美脚披露! 大根監督の「谷間作って」指令も明かす

画像提供:マイナビニュース

俳優の瑛太が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』(毎週金曜22:00〜)に出演しているグラビアアイドルで女優の片山萌美が27日、東京・原宿の「ハリネズミカフェ」に登場し、ドラマとカフェの宣伝隊長として報道陣をおもてなし。ショーパンツ姿で美脚を披露した。

東京・下赤塚の「あかつか探偵事務所」を舞台に、面倒な案件ほどやりたがる一風変わった探偵"ハリネズミ"こと七瀬五郎=ゴロー(瑛太)とその仲間たちの奮闘を描く同ドラマ。片山が演じているのは、あかつか探偵事務所の階下にあるスナック「輝(キララ)」のバイト従業員・萌美で、ゴローと相棒のグレ(森田剛)から下心満載のちょっかいを出されるという役どころだ。

ハリネズミカフェでは、「一人ひとり個性があってかわいいなと思いました」とハリネズミとの触れ合いを楽しんだ片山。ドラマの魅力についても、「男性が観やすいドラマ。もちろん女性が観ても楽しいんですけど、原作が男性が読む漫画で、それを、漫画を実写化する天才の大根(仁)監督がドラマでやられているので、特に男性がワクワク! 私が胸を触られるというお色気シーンもありますし(笑)」と話した。

そして、「大根監督は女性の撮り方をこだわる方」と言い、ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子を演じる深田恭子の演技指導では、「キョトン」という表情に関して「唇をもうちょっととがらせて」と指示していたという。自身に対しては、「谷間を作ってくれ」と言われたそうで、「そういうところでも男性に伝わるのかな」と語った。

また、第2話の萌美がB'zの「愛のバクダン」を熱唱するシーンについて、「『カラオケの十八番ありますか?』って聞いていただいて、『歌詞を見ずに歌えるのはB'zです』と言ったら、『愛のバクダン』になっていた」と明かし、「そういう私の意見をちゃんと取り入れてくださるのがありがたいなと思った」と感謝。さらに、今後の自身の見どころを聞かれると、「9話でガッツリ出させてもらうので9話は絶対に観てほしい」とアピールした。

関連記事(外部サイト)