橋本マナミ、今井議員の"手つなぎ"に持論「奥様からしたら一線を越えている」

橋本マナミ、元SPEED・今井議員の不倫疑惑に持論「奥様からしたら一線を越えている」

記事まとめ

  • 橋本マナミが、元SPEED・今井絵理子参院議員と神戸市議の橋本健氏の不倫疑惑に持論
  • 「気持ちが通い合っているということは、奥様からしたら一線は越えている」と話した
  • 「(離婚を)するするって言ってしないパターンがよくある」と自身の経験からも語った

橋本マナミ、今井議員の"手つなぎ"に持論「奥様からしたら一線を越えている」

橋本マナミ、今井議員の"手つなぎ"に持論「奥様からしたら一線を越えている」

画像提供:マイナビニュース

タレントの橋本マナミが、28日に放送されたフジテレビ系情報番組『バイキング』(毎週月〜金11:55〜13:45)で、元SPEED・今井絵理子参院議員と神戸市議の橋本健氏の不倫疑惑について持論を展開した。

橋本は、今井議員と橋本市議の「一線は越えていない」という主張について、「一線を越える越えないは人によって違う」とした上で、「新幹線で手をつないでしまうくらい好きっていうのは相当ラブラブということ」と意見。「このつなぎ方…もし男女の関係がなかったとしても、そこまで気持ちが通い合っているということは、奥様からしたら一線は越えている」と橋本市議の妻の視点で話した。

また、橋本市議が離婚調停中に今井議員に告白したことに「女性側はわからない。本当に離婚するつもりなのか…いくらでも言える」と苦言。さらに、「私の経験上、結婚している男の人が『離婚するつもりだから付き合って』っていうのは、だいたい"するする詐欺"。するするって言ってしないパターンがよくある」と自身の経験から語った。

関連記事(外部サイト)