『フラーハウス』シーズン3、日本での撮影決定! メインキャスト9人来日へ

『フラーハウス』シーズン3、日本での撮影決定! メインキャスト9人来日へ

画像提供:マイナビニュース

映像配信サービス・Netflixのオリジナルドラマ『フラーハウス シーズン3』が9月22日より全世界で配信開始され、シーズン3に含まれる日本が舞台となるエピソードのためにメインキャストが来日し、日本で撮影を行うことがこのほど、明らかになった。

アメリカの人気ドラマ『フルハウス』のその後を描いた『フラーハウス』。シーズン2の配信を記念して日本のファンの念願だった来日プレミアも実現し、大きな盛り上がりを見せた。そして、1987年9月22日に『フルハウス』の第1話放送が開始されてから記念すべき"30周年アニバーサリー"を迎える2017年9月22日にシーズン3が配信されることが決定した。

シーズン3の中に日本が舞台となるエピソードがあり、その撮影のためにキャスト9人の来日が決定。タナー家の長女D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、次女ステファニー役のジョディ・スウィーティン、D.J.の親友キミー役のアンドリア・バーバーの“3人娘”に加えて、DJの愛息ジャクソン役のマイケル・キャンピオンとマックス役のエライアス・ハーガー、キミーの愛娘ラモーナ役のソニー・ブリンガス、さらに、キミーの元夫フェルナンド役のフアン・パブロ・ディ・パチェ、D.J.の元カレであるスティーブ役のスコット・ウェインガー、D.J.の彼氏マット役のジョン・ブラザートンが来日し、8月に実施される撮影に挑む。気になるエピソードの詳細は明かされていない。

昨年の来日プレミアの会場でキャンディスが「みんながシーズン2を観てくれたら、3が作られることになって、タナー家もまた日本上陸を果たせるかもしれません」と話し、日本のファンを熱狂させたが、1年を経たずして実現されることとなった。

『フラーハウス シーズン3』は、9月22日よりPart1(第1〜9話)配信開始、12月よりPart2(第10話〜18話)配信開始。

関連記事(外部サイト)