玉木宏の特捜検事、再び! 『巨悪は眠らせない』女性総理候補と対峙

玉木宏の特捜検事、再び! 『巨悪は眠らせない』女性総理候補と対峙

画像提供:マイナビニュース

俳優の玉木宏が、テレビ東京系ドラマスペシャル『巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』(2017年放送)に主演することが1日、わかった。

同作は、『ハゲタカ』『コラプティオ』などの作品で知られる作家・真山仁の社会派長編作品『標的』を原作とした社会派ドラマ。東京地検特捜部に赴任した検事・冨永真一(玉木宏)の姿を描く。2016年10月に放送された『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』の続編となる。

今回冨永が対峙するのは、受託収賄容疑のある、日本初の女性総理候補・越村みやび。演じる名取裕子は、玉木とは初共演となる。また、前作に引き続き奥田瑛二、萩原聖人、羽田美智子、滝沢沙織、田村亮が出演する。介護・高齢化問題と向き合い、東京地検特捜部の正義と、国会議員の正義がぶつかり合う。

玉木は「前作は冨永か?特捜検事に抜擢されての葛藤や迷いか?描かれていましたか?、今作はその部分をあまり見せす?巨悪に対してと?う立ち向かっていくかか?メインに描かれています」と説明し、「随所の立ち振る舞いに前作との違いか?あると思います」と今回の立ち位置について語った。

また、相手について「前作とは性別も違うし、証拠はあってもと?う自白させるかの人間的な戦いになっていくのて?はと思います」と予想。「世の中の声を代弁するようなト?ラマになっていると思いますし、日本のトッフ?の方にも思いか?届くといいなと思っています」と心境を吐露する。「一人一人か?政治に対して興味をもつことか?いい世の中になっていく第一歩た?と思っているのて?、とてもチャレンシ?ンク?な社会派ト?ラマた?と思います」と作品の良さを表した。

原作者の真山は「早くも冨永真一検事シリース?の第2弾か?ト?ラマ化にされることに、感激しています」と喜びのコメント。「今回は、原作とト?ラマて?結末か?異なります。小説を読んて?もハラハラしなか?らト?ラマを楽しめるという贅沢なフ?ロク?ラムを、お見逃しなく!」とアピールした。

同局 田辺勇人プロデューサーは、「連日ワイト?ショーを賑わせている今の日本の政治状況は、正しい方向に進んて?いるとは言い難く、その多くは国民感情と乖離しているのて?はないかと感し?ています」と問題を提起する。「先日、クランクインした現場は凄まし?い熱気に包まれています。玉木さん、名取さんを始め豪華なキャスト陣か?役と真摯に向き合い、ふ?つかり合う芝居合戦は圧巻の一言て?す」と撮影現場の様子を明かした。

関連記事(外部サイト)