波瑠、『27時間テレビ』にメーンキャストで参戦 - 2年連続長時間特番に挑む

波瑠、『27時間テレビ』にメーンキャストで参戦 - 2年連続長時間特番に挑む

画像提供:マイナビニュース

女優の波瑠が、フジテレビ系大型特番『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(9月放送予定)で、メーンキャストとして放送されることが2日、明らかになった。

31回目を迎える同特番は、これまでのお笑い特化とは大きく異なり、「学び、笑い、楽しむ」をコンセプトにリニューアル。総合司会・ビートたけし、キャプテン・村上信五のもと、"にほんのれきし"をテーマに、歴史にまつわる企画が盛りだくさんとなる。

今回波瑠は、全体を貫く縦軸の屋台骨となる企画「にほんのれきし博物館」に"タビビト"として参戦。たけし、村上とともに、バカリズムが館長を務める「にほんのれきし博物館」を27時間かけて巡っていく。

昨年は、日本テレビ系『24時間テレビ』でチャリティーパーソナリティーを務め、局をまたいで2年連続で長時間特番に挑む波瑠。「すてきな出演者の皆様と一緒に歴史を学べるということでとても楽しみです!」と喜びをコメントし、「日本の歴史に関しては知らないことばかりなので、今回楽しみながらあらためて勉強できればと思っております。視聴者の皆さんが番組をより身近に感じられるお手伝いができたらうれしいです!」とメッセージを寄せている。

関連記事(外部サイト)