漫画家・田中光、似顔絵捜査官役で『刑事7人』本編に進出「不安しかない」

漫画家・田中光、似顔絵捜査官役で『刑事7人』本編に進出「不安しかない」

画像提供:マイナビニュース

漫画家の田中光が、テレビ朝日系ドラマ『刑事7人』(毎週水曜21:00〜)で、きょう2日に放送される第4話にゲスト出演する。

東山紀之演じる主人公・天樹悠ら"最強のスペシャリスト7人"が再結集し、東京臨海エリアでうごめく"最強の敵"に立ち向かっていく同作。1コマ漫画『サラリーマン山崎シゲル』でおなじみの田中は、番組公式サイトでオリジナルのギャグ漫画を連載しているが、本編に進出する。

演じるのは似顔絵捜査官役で、田中は「レギュラーメンバーを全員好きになっちゃうドラマって時々あるんですけど、このドラマはそれでした」とコメント。「『刑事7人』のオリジナル漫画を描くときも、求められているものと、自分が面白がってるものとの間の"いいライン"を探しながら描いています」と、作品への愛を語る。

しかし、撮影を終えると、「ちゃんとできたのか、不安しかないです」と心境を吐露。きょう2日に配信される『刑事7人』オリジナル漫画の最新作では、田中がゲスト出演にまつわる"腰砕け(秘)エピソード"が描かれている。

関連記事(外部サイト)