小山慶一郎、遺言書は"ラブレター" 千原ジュニアとダブルMCで遺産相続学ぶ

小山慶一郎、遺言書は"ラブレター" 千原ジュニアとダブルMCで遺産相続学ぶ

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・NEWSの小山慶一郎と、お笑い芸人の千原ジュニアがテレビ東京系特別番組『意外とあるかも!?ガッチリ遺産相続 〜モメないための(秘)プラン〜』(8月5日11:03〜13:00)のMCを務めることが2日、わかった。

同番組は「LINEで送られてきた遺言書は有効?」といった素朴な疑問への回答や、「母の遺産を巡る兄弟の骨肉の相続争い」の再現ドラマなど、遺産相続にまつわることをたっぷり盛り込んだ特別番組。小山と千原ジュニアのダブルMCで、ついつい避けがちな遺産相続の話を楽しく学ぶことができる。

番組収録を終えた小山は「遺言書とか、自分のことのように考えたこともなかったんですけど、母親に『考えた方がいい』というか、『この番組を見てくれ』と伝えようかなと思ってます」としみじみと語った。

番組では様々なエピソードが披露されるが、小山は「自分のお嫁さんが自分の母親の面倒を見てて……という話」と、遺言書がなかったために起こった義理の娘VS実の娘の争いが印象に残ったという。「自分にも全然あり得る話ですからね。遺言書がどれだけ大事かわかりましたね」と語った。また、千原は「やっぱり兄弟の話ですね」と挙げ、「うちも(千原)せいじと揉めたらオモロイやろうな〜。あっちこっちの番組でしゃべりますね」と周囲を笑わせた。

小山は改めて「土曜のお昼に家族で見ていただいて、遺言書を書くきっかけになったらいいかなと思います」とアピール。「遺言書は"家族へのラブレター"ですからね」と決めた。

同番組にはほか、関根勤、高橋真麻がゲストとして出演する。

関連記事(外部サイト)