高畑充希&竹内涼真、『過保護のカホコ』の掛け合いは漫才!? 撮影重ねてテンポに手応え「楽しくなってきた」

高畑充希&竹内涼真、『過保護のカホコ』の掛け合いは漫才!? 撮影重ねてテンポに手応え「楽しくなってきた」

画像提供:マイナビニュース

●カホコが実際にいたら「ボコボコにしてる(笑)」
過保護に守られて生きてきた女子大生の成長を描く日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』(毎週水曜22:00〜)が好評だ。先週7月26日に放送された第3話は、視聴率で自己最高の12.0%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録し、テレビウォッチャー(データニュース社)調べの満足度は5点満点で3.92と、こちらも自己最高となった。

21歳にして生活のすべてが親任せというカホコ(高畑充希)のセリフやしぐさに「かわいすぎる!」、カホコが恋する麦野(竹内涼真)に「イケメン!」といった声が、毎回放送前後にSNS上で盛り上がる今作。そんな役を演じる2人に、自身のキャラクターや作品に対する思いなどを聞いた――。

――今回の役を演じられての感想はいかがですか?

高畑:キャラクターもぶっ飛んでますし、自由な現場なのですごく楽しいです。カホコは少しずつ成長していくんですが、イメージとしては、第1話で赤ちゃんから幼稚園児、第3話は中学生の反抗期、、というような感じで。撮影はバラバラにしているので、自分のことを「カホコ」って呼んでいるのを、どのタイミングで「私」に変えるのかとか、そういうちょっとずつの変化を重ねて、最後に大人になるにはどうしたらいいんだろうということを相談しながら、悩みながらやっています。でも、それもとても楽しいです。

竹内:リハーサルでいろいろやってみて、結果本番でやったのが一番面白くなってるので、僕も楽しいです。脚本の遊川和彦さんが熱いから、できた本以上に面白くしないとって思ってるので、カホコのキャラを引き立てるために、一生懸命カホコのセリフを集中して落とさないように拾ってる感じですね。今、充希さんがおっしゃったように、台本の中でカホコが少しずつ大人になっていくので、最後は麦野と逆転するくらいになるんじゃないかと思ってます。あんなにツッコミ入れなくても良くなりますね(笑)

――あらためて、遊川さんの印象はいかがでしたか?

高畑:前情報では厳しい人という感じだったんですが、会ってみたら全然優しい人だし、おしゃべり好きだし、私は印象がガラッと変わりました。

竹内:実は麦野は遊川さんに似てるんですよ。最近、1回台本読んだときに「遊川さんならどうするかな…」って考えるんです(笑)

高畑:でも、甘いセリフとか来たときに、遊川さんで想像したら笑っちゃう(笑)

――放送後の反響はいかがですか?

高畑:いろんな人から連絡があったり、インスタをやってるんでファンの方からコメントをもらったりとか、結構いいザワザワが起こってるなっていう印象ですね。最初に台本をもらったときに、お客さんに媚びてなくて素敵な本だなと思ったんです。新しいこと、やりたいことをやろうとしている印象があって、「これがいいんですよね?」って感じじゃなくて、「これやりたいんで、ついてこれる人はついて来てください!」という感じ。だから、ちょっとずつクセになる人が増えていってくれたらいいなと願っています。

竹内:僕はプロデューサーさんたちと一緒に企画して(Twitterの)トレンドワード取りに行ってますからね(笑)。自分ですぐネットの反響を調べるんで、「面白かった」というコメントがいつも以上に多くて、うれしかったですね。それを見て自分も乗っていけます。「自信作です」って言っても、やっぱり見てもらわないと意味ないので、僕は地道にネットで宣伝頑張ろうって思ってます(笑)

高畑:トレンド、頑張って取りに行ってね(笑)

――高畑さんから見て、竹内さんの演じる麦野という役はどんな印象ですか?

高畑:めっちゃずるい役だと思います(笑)。台本読んで「全部持ってくじゃん!」って思いましたもん。炎天下の中でみんなロケ頑張ってるのに、たまに屋内のアトリエのシーンに出てきて、カッコいいこと言って(笑)。なんかちょうど良いバランスの彼氏感ですよね。人間っぽいダメさもあるし、でもいざという時に「よしよし」してくれるお兄ちゃん感もあって。「遊川さん、女子の夢を分かってるなぁ」って思いました。もっと麦野くんファンの女子が増えてほしいですね。

竹内:根本的には優しい役なんですけど、カッコつけると遊川さんから「カッコつけないで!」と言われるんで(笑)、いかにカッコつけないかを意識して演じてます。だから、「カッコいい」という声が出るのは、意外でした。

――逆に、竹内さんから見て、高畑さん演じるカホコの印象はいかがですか?

竹内:ずるい(笑)。目がすごくまっすぐなんですよ。だから放っておけないし、みんなかわいがっちゃうんですよね。そこはカホコの生まれ持ったものと、充希さんの顔と目だから。充希さんじゃないと演じるのは無理ですよね。

高畑:カホコが実際にいたら、私、もうたぶん「人生なめんなよ!」ってボコボコにしてると思います(笑)。ドラマだから最低限かわいらしくないといけないので、最初に台本を読んだ時は、完全に"キャラクター"にしちゃうのかなと思ってたんです。でも、それでリハをやってみたら、ただのあざとい人になっちゃって。なので、ずっと一生懸命にカホコで居られるよう頑張っています。

竹内:それは疲れそうですね。

高畑:疲れる(笑)。私、夏が苦手なんですよ。暑い中でかつ一生懸命で前のめりな役を演じるのは、自分の普段から考えると、1年分くらいのエネルギーを使ってると思います(笑)。でも、まっすぐでいるというのは、疲れるけど、楽しいですね。

●まっすぐ見つめてくるカホコは「犬みたい」
――カホコがまっすぐ見つめてくる表情が印象的です。ものすごく目を見開いているイメージがあるのですが、演出で意識してるんですか?

高畑:眼差しについての演出はないんです。私、実はこうやってインタビューを受けるとき、結構目を見ないでしゃべっちゃうんですよ。人をジッと見るのって結構怖くて、例えば、ウソがあったり、照れがあると、相手の目を見れなかったりするんですよね。でも、カホコってすごく人の目をド直球で、向こうが逸らしちゃうくらい見れる人だなという印象が最初あったので、どのセリフもどのシーンも、相手のことを見ていようという意識はあります。

――あの表情で至近距離に来られると、びっくりしますよね。

竹内:僕は見られた気持ちをそのままリアクションしようと思ってやってます。自分が都合悪くなったら目線を離すし、一方で真正面から受け止めることもある。でも強烈ですよ、他のドラマでもあんなにじっくり見られたことはないんで(笑)。プライベートでもないんで、新鮮な感じですよね。

高畑:私もないです(笑)。あんなにまっすぐ見たこと。

竹内:第1話で、「なんのために働くの?」って言われたときとか、逆に目が離せなくなるんですよね。なんか犬みたい(笑)。ワンちゃんがむき出しの愛情で自分を見てくれてる時の感覚に近いです。そうなると、もう放っておけなくなりますよね。

――今作では、お2人での掛け合いのシーンが多いですよね。

高畑:毎回2人の会話のシーンは楽しいですね。基本1対1で、ちょっと漫才っぽくて。カホコ目線で言うと、序盤で家族とかに自分の思ったことを言えない中で、麦野くんは唯一気持ちを打ち明けられる大切な存在。撮影を重ねるとそのテンポがお互いの中でできてきて、すごく楽しいです。

竹内:ありがとうございます(笑)。カホコのテンポは絶対ぶれないんで、あのゆったりのカホコと、どうやってテンポよく見せようかなというのをリハから考えていたんですけど、最初はそれを探るのが結構難しくて。でも、やっていけばやっていくほど、いいテンポ感がでてきて、それが楽しくなってきてますね。ちょっとずつお互いの感じがわかってきた気がします。

高畑:はい、します(笑)。でも今後カホコが成長してきて、話が噛み合うようになってきちゃって、それはそれで難しいんです。

竹内:そうなんですよね。逆に「これでいいのかな?」って不安になってくるんです。

――黒木瞳さん演じるカホコの過保護なお母さんのキャラクターが強烈ですよね。

高畑:ドラマだから、当然キャラクターはデフォルメして作ってるんですけど、実際にもああいう母親って結構いると思うんですよ。カホコが全部受け入れちゃってるから、大惨事になってるんですけど(笑)、子供がかわいすぎて独り占めしたいっていうお母さんはいるだろうから、見る人によっては手放しに「面白いね」って見れる人もいれば、思い当たる節があって心が痛む人もいるんじゃないかなって。

竹内:僕は周りに「うちの親ソックリだ」っていう人がいましたよ。だから、わざと何も言わないで一緒にドラマを見てくれたらしいんですけど、親御さんは「面白いじゃん」で終わって、何も気づかなかったらしいです(笑)。黒木さんとはたまに一緒になるシーンがあるんですけど、僕のキャラはわりと視聴者目線で客観的に見られるんで、(黒木演じる)泉さんの表情を見てると面白いですね。第2話で、泉さんが病院のロビーで張り切ってるシーンがありましたけど、ああいう人のちょっとしたトラブルを無意識に喜んでるような場面って、自分の親とかでもなんか見たことあるんですよ。

高畑:確かに、なんか既視感はありますね(笑)

竹内:でも、ああいう気持ちは自分自身にもあると思うんです。もしライバル的な人がケガしちゃって、それで自分が上に行けるなら、心配しながらもどこか心の中で「よっしゃ!」と思ってしまうような部分。だから、決して描いていることは非現実的じゃなくて、日常で起きてて目を逸しがちな部分をちゃんと描いているから面白いんだと思うんです。

●カホコと麦野の関係は「期待して」

――カホコは「人を幸せにできる仕事がしたい」と言っていますが、お2人はその考えに共感しますか?

高畑:この仕事は小さい頃からずっと夢だったので、自分の希望でやってきたんですけど、いろんなことが1周回ってきて、今は親が楽しんでくれたり、周りの人が面白がってくれたりとか、そういうことがやりがいになりつつあって。なので今の自分は共感できます。

竹内:僕は、人のためになりたくてヒーロになりたいと思っていたので、こういったドラマを見て喜んでもらったり、元気になってもらったりということがうれしいので、共感しますね。だから、ファンの人のSNSのリアクションも自分でチェックするし、そこにネガティブなことが書いてあっても、あんまり落ち込んだりしないんですよ。

高畑:ハート強いもんね。

竹内:なんか分からないんですけど、タイムラインをワーっと見て、たまに止まったのがネガティブな意見だったりしても、意外とそういう生の意見がヒントになる場合もあるんですよね。新鮮なリアクションでもネガティブなリアクションでも、そういうのはわりとエネルギーになってます。

――それでは、今後の見どころについて教えてください。

高畑:麦野くんとカホコの関係は、期待しててください。いい感じに階段を登っていくし、"ずるい麦野ショット"が、これからも放出されそうです(笑)。先日、最後のあらすじを聞いたのですが、「よくできてるなぁ。そうなるんだ!」って思いました。これからカホコが大人になっていく中で家族の問題が露呈してきて、それをカホコが解決していくようになっていきます。カホコは、良いことも悪いことも知らずにここまで来ちゃった分、まっすぐで、歪みに強いんです。

竹内:あとは、なぜ麦野初が、こういう人間になったのかが、カホコのまっすぐさで掘り下げられていくので、そこにも注目してほしいと思います。

――ところで、カホコとLINEで会話できる「AIカホコ」というものがありますが、実際にやってますか?

高畑:はい、自分とカホコでやってますよ。いつも噛み合わないですけど(笑)

竹内:僕もやりますよ。OAの前と後でどれくらいレベルアップしてるのか、気になるので。

――ぜひ、ここで実際にやっていただけたら。

高畑:はい。えーと、「どんな仕事がしたい?」って聞いたら、「どんなところかな。考えとくね。」「あなたは?」って来ました(笑)。まだまだ成長してないですね…。

■プロフィール高畑充希大阪府出身。2005年、山口百恵トリビュートミュージカル『プレイバック Part2〜屋上の天使』でデビューを飾る。2007〜2012年まで、舞台『ピーターパン』で8代目ピーターパンを務めた。2013年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演し、注目を集める。2016年放送のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』ではヒロイン・小橋常子を務めた。近年の主な出演作品には映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』映画『怒り』映画『アズミ・ハルコは行方不明』ミュージカル『わたしは真悟』舞台『エレクトラ』がある。今後は映画『泥棒役者』(11月18日公開)、映画『DESTINY鎌倉ものがたり』(12月9日公開)に出演する。竹内涼真1993年4月26日生まれ、東京都出身。185cm。血液型A型。趣味&特技はサッカー、歌。2013年、女性ファッション誌「mina」の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」で、2457人の中からグランプリを獲得。2014年、『仮面ライダードライブ』の主演に抜てきされ注目を集める。主な出演作にドラマ『下町ロケット』(TBS)、『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレ朝)、『時をかける少女』(日テレ)、『ラストコップ』(同)。映画『青空エール』(2016年)、『帝一の國』(2017年)、『ラストコップTHE MOVIE』(2017年)など。今年、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演。ヒロインの初恋の相手・島谷純一郎を演じて話題に。また、2nd写真集『1o』(集英社)が発売中。

高畑充希/ヘアメイク:市岡愛(PEACE MONKEY)、スタイリスト:大石 裕介(DerGLANZ)

竹内涼真/ヘアメイク:佐藤友勝、スタイリスト:徳永貴士
(中島優)

関連記事(外部サイト)