上川隆也、京都で一日警察署長に -『遺留捜査』へ本職から要望続出で苦笑い

上川隆也、京都で一日警察署長に -『遺留捜査』へ本職から要望続出で苦笑い

画像提供:マイナビニュース

俳優の上川隆也が2日、京都府警・中京警察署の一日警察署長に就任し、京都市内で行われたキャンペーンのイベントに登場した。

上川は、主演するテレビ朝日系ドラマ『遺留捜査』(毎週木曜20:00〜)の舞台が京都であることから、今回一日署長に就任。同ドラマでは自転車に乗るシーンが多いことから、イベントでは中京署の交通課長と自転車事故防止についてトークを行った。

その中で、自転車でヒヤッとした思いをした経験を聞かれた上川は「小学生の頃、何に気を取られたのか覚えてないんですが、自転車を運転してるときに思い切りよそ見をしまして、"ゴン!"って衝撃を覚えて、気がついたら電柱とぶつかっていたという思い出があります」と告白。「幸いにして外傷とかもなく、泣きもせずに家に帰りました。悔しかったんで」と、当時の心境を振り返った。

また、交通課長が、外国人向けに英語付きの標識が普及し始めていることを説明しながら、「ぜひ、ドラマを通じて広めていただければ」と要望すると、上川は「『遺留捜査』が交通課のドラマだったら良かったんですけど…」と苦笑い。

その後に登場した刑事課長からも「ドラマではぜひ、(振り込め詐欺などの)特殊詐欺の犯人の検挙にもつなげていただきたいと思います」と頼まれ、上川は「僕の部署の範疇が、どんどん広がっていくんですね…」と困惑しながらも、特殊詐欺撲滅のキャッチフレーズ「還付金 ATMでは 戻らない」が発表されると、「ステッカーを作って、各ATMに貼っておくだけでもいいんじゃないでしょうか」と提案するなど、早速"署長"として指示を飛ばしていた。

こうして警察の取り組みを聞いた上川は「大変勉強になりました。1つ"おりこう"になりました」と満足の様子。最後は「独自の捜査をしながら、遺留品に残された人々の思いや、思いやりをつなげていくドラマです」と、作品をしっかりアピールしていた。

関連記事(外部サイト)