本田翼演じる謎の美女の過去が明らかに!? 有田哲平主演『わにとかげぎす』

本田翼演じる謎の美女の過去が明らかに!? 有田哲平主演『わにとかげぎす』

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が連続ドラマ初主演を務めるTBS系ドラマ『わにとかげぎす』(毎週水曜23:56〜24:26、2日は24:06〜)の第3話が、きょう2日深夜に放送される。

このドラマは、有田演じる38歳、独身・童貞、孤独な夜間警備員の富岡ゆうじが、"没な人生"にお別れするため友達作りに奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていく物語。富岡に一目ぼれしてしまう謎の隣人美女・羽田梓を本田翼が演じている。

深夜のスーパーマーケットで警備員をしている富岡(有田)は、職場や自宅に届く「お前は一年以内に頭がおかしくなって死ぬ」という脅迫状の犯人を突き止めようと待ち伏せをすることに…。金属バットを持つ富岡のただならぬ気配を感じたアパートの隣人女性・羽田(本田)は、こっそり富岡の後を追う。そして、ついに脅迫状の差出人を突き止めた富岡だったが、男は「あの女のためなら何だってやる!」という謎の言葉を残して、逃げ去る。

翌朝、富岡はふとしたことから羽田がライターをしながら小説家になる夢に向かって努力していることを知る。さらに、羽田には忘れ去りたい過去があることを聞き…。そんな中、スーパーマーケットに2人の新人警備員がやってくる。他者との距離感が異様に近い花林(賀来賢人)と、富岡とまったく視線を合わせようとしない雨川(吉村界人)で、富岡は雨川の顔を見て怒りがこみ上げる。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)