山本圭壱、番号で呼び出され「刑務所みたいだった」- 芸人サバイバルに興奮

山本圭壱、番号で呼び出され「刑務所みたいだった」- 芸人サバイバルに興奮

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・極楽とんぼの山本圭壱が2日、同日に配信を開始したAmazonプライム・ビデオのバラエティシリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン3のイベントに登場。久々の芸人バトルに、興奮した様子を見せた。

これは、1人100万円の参加費を払った芸人たちが、密室で行う"笑わせ合いバトル"で、6時間の制限時間で笑いを仕掛け、笑いに耐え、最後まで残った1人が、賞金1,000万円を獲得するというルール。

参加者は、シーズン1で活躍したくっきー(野性爆弾)以外は全員初参戦で、イベントに出席した山本、ケンドーコバヤシ、岩橋良昌(プラス・マイナス)のほか、木下隆行(TKO)、レイザーラモンRG(レイザーラモン)、秋山竜次(ロバート)、伊達みきお(サンドウィッチマン)、後藤輝基(フットボールアワー)、春日俊彰(オードリー)が登場する。

山本は「ちょっと10年少々空いてしまったところから、ようやく1年目くらいで『仕事らしい仕事をしたな!』という感じでした」と、謹慎を明けてから久々に手応えを感じた様子。「芸人さんがあんなにたくさん集まるところに、寄せていただいたという興奮がありました」と振り返った。

参加への招待状は突然届けられるそうだが、ダウンタウンの松本人志から指名されたということもあって「断る理由は全く無いです」と即決。「来た仕事を順番にという気持ちがずっとあります。その日に引き受けた仕事を全力で、その日死んでもいいという気持ちで頑張らせていただいてます」と、この10年で心を入れ替えた様子を見せた。

参戦を決めてから早速、相方の加藤浩次に相談したそうだが、「そんなもんお前〜やるしかないだろ〜」としか言われず、アドバイスにならなかったそう。本番直前は、参加者同士が誰だか分からないように、用をたすにも「9番、今からトイレ行きなさい」と楽屋の番号で呼び出されたそうで、「本当に刑務所みたいだった」と、受刑者の気分を味わったことを明かした。

そんな扱いに、ケンコバは「軍事政権下みたいな感じ。そういう政治って良くないなと、この番組を通して思いましたね」と、自由のありがたさを噛み締めた様子。山本とは、今回の番組が仕事での再会の場だったそうで、「ビックリしましたね。まさかこんなところで」と驚きを振り返っていた。

関連記事(外部サイト)