真木よう子主演『セシルのもくろみ』作り手の"熱"を感じる意欲作だが… 視聴率低迷の理由を満足度から分析

真木よう子主演『セシルのもくろみ』作り手の"熱"を感じる意欲作だが… 視聴率低迷の理由を満足度から分析

画像提供:マイナビニュース

●放送枠についた"レッテル"
女優の真木よう子が主演するフジテレビ系ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜22:00〜)が、視聴率面で苦戦をしいられている。真木はドラマの放送に先駆けてTwitterを開設し、放送前に土下座でリアルタイム視聴を懇願したり、コメントをくれたフォロワーに返信しまくったりと、自ら体を張ったPRが話題となっているが、その甲斐むなしく数字が伸び悩んでいるのはなぜか。

視聴率とは違う尺度"満足度"などを集計するデータニュース社が運営する視聴状況調査「テレビウォッチャー」で、膨大なデータと日々向き合っている研究員が、その理由を分析した。

●「テレビウォッチャー」満足度調査概要
・対象局:地上波(NHK総合、NHK Eテレ、日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)
・サンプル数:関東1都6県、男性1,200+女性1,200=計2,400 ※回収数は毎日変動
・サンプル年齢構成:「20〜34歳」「35〜49歳」「50〜79歳」各年代男女各400サンプル
・調査方法:毎日モニターにテレビ視聴に関するアンケートを同じアンケートモニターへ配信、データを回収するウェブ調査
・採点方法:最高点を「5」とし、「3.7」以上を高満足度に基準

○"枠"の流れに注目すると…

連続ドラマの視聴率は、初回がそこそこで、2話目以降に伸び悩んでいくケースが多いが、『セシルのもくろみ』は初回から5.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、かなりのスロースタートに。その理由は、本編の良し悪しよりも前に、このドラマの放送枠「木曜劇場」の不調にある。

フジテレビの木曜22時「木曜劇場」は、同局の「月9」よりも長く30年以上続く伝統のドラマ枠で、過去には脚本家・野島伸司がそれまでのラブコメから"社会派"の一面を色濃く出し始めた鈴木保奈美主演で唐沢寿明らが出演した青春群像劇『愛という名のもとに』(1992年)や、中山美穂・木村拓哉のW主演で最終回に犯人が判明する連続長編ミステリーの先駆け『眠れる森』(98年)ほか、『白い巨塔』(2003〜04年)や『Dr.コトー診療所」(03・06年)など、月9が若者向けであるならば、「木曜劇場」は大人向けの名作を次々と送り出していた。

だが、ここ最近では、明確なヒットやブームを起こしたという点で見ると、上戸彩主演の『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(14年)以降なく、真木よう子主演の『問題のあるレストラン』(15年1月クール)以降の作品が全て平均視聴率1ケタと、枠自体のパワーが低下してしまっている。

また、満足度という点でも厳しい状況が続いており、昨年1月から今年4月クールまでの6作品の全話平均満足度は、それぞれ『ナオミとカナコ』3.92、『早子先生、結婚するって本当ですか?』3.40、『営業部長 吉良奈津子』3.70、『Chef〜三ツ星の給食〜』3.67、、『嫌われる勇気』3.33、『人は見た目が100パーセント』3.52と、高満足度の基準である3.7を超えたのは2作品のみで、3クール連続で高満足度に達していない。

一方、最近上り調子のドラマ枠といえば、今期は『カンナさーん!』が初回視聴率12.0%と好ダッシュを決めた、"逃げ恥枠"のTBS火曜22時「火曜ドラマ」。満足度は、昨年1月クールの『ダメな私に恋してください』から、今年4月クール『あなたのことはそれほど』までの6作品中4作品が3.7以上で、枠で比較すると、「木曜劇場」が3.59なのに対し、「火曜ドラマ」が3.85と差がついている。このことから、視聴者はスタート前から「木曜劇場=期待が低い枠」というレッテルを貼ってしまい、スタートダッシュを逃してしまったのではないだろうか。

●「べらんめえ口調がなじめなかった」
○キャラや設定のリアルさに厳しい声

では、肝心の『セシルのもくろみ』の満足度はどうだろうか。その結果は、初回で2.96と、ゴールデン・プライム帯の夏ドラマワースト2だった。初回2.91でワーストだったカンテレ・フジ系『僕たちがやりました』が、第2話で3.54へ急上昇したのに対し、『セシルのもくろみ』の第2話は2.77と第1話からさらに下げてしまっている。枠自体の悪い流れと、低い満足度が重なったことが、視聴率にもかなり影響しているものと推測される。

低満足度となってしまった理由を、自由記述による視聴者の感想からひも解くと、「真木さんのべらんめえ口調がなじめなかった」(55歳女性)、「真木よう子、好きだけど、この役はなんか嫌」(47歳女性)など、ネガティブな意見を寄せている視聴者のほとんどが、真木演じる主人公のキャラクターへの違和感を挙げた。

また、「ストーリーにリアリティーがなく、がさつな印象しか残らなかった」(52歳女性)、「見ていて現実味がないのはキャステイングと設定に無理があるから」(61歳女性)、「主人公の人物描写が非現実的すぎて、今一つ入り込めない」(49歳男性)など、"リアリティー"について触れた感想も多く、真木の突飛なキャラクターが、ドラマ全体のリアリティーを崩してしまっているようにもとれる。

このドラマは、主人公である普通の主婦が、ファッション雑誌の読者モデルから一流モデルへと上り詰めていく様を、憧れの専属モデルや編集者など携わるスタッフたちや、その家族にもスポットを当てて描いた群像劇。吉瀬美智子や伊藤歩、長谷川京子、板谷由夏などの美しい女性陣、リリー・フランキーや金子ノブアキ、チュートリアルの徳井義実など個性豊かな男性陣と、濃すぎるキャラクターたちに埋もれまいとするように、主演の真木は、口も行儀も悪いが自分に正直な喜怒哀楽の激しいキャラクターを熱演しているが、それが逆効果となってしまい、視聴者には受け入れがたいとされてしまったようだ。

○主人公の今後の"変化"を楽しむ

だが、もちろんネガティブな感想ばかりではない。「真木ようこさんの演技に迫力があり、行動的で動きもおもしろくて新鮮!」(57歳女性)、「真木よう子さんが演じる主人公が今後どの様に変わって行くのか興味深い」(48歳男性)など、これまでにない新しい"真木よう子"を楽しんでいる視聴者や、彼女がドラマの中でどう変化し、どんな演技を見せるのかに期待を寄せる視聴者も多い。

このドラマは1人の女性の成長物語でもある。序盤はマイナスに感じる彼女のキャラクターも、「これからどう変化していくか」という点で見ると、その極端なキャラ造形が物語全体の伏線にも思えてこないだろうか。その変化を楽しむことにこそ、連続ドラマを楽しむ醍醐味だろう。

また、これまでの「木曜劇場」の流れで見ても、昨年の『営業部長 吉良奈津子』から『嫌われる勇気』まで、3クール連続で強い女性をヒロインに据えた分かりやすいキャラクタードラマが続いてきたが、それらは視聴者に分かりやすさや気軽に見てもらおうという工夫に苦心するあまり、視聴者を驚かせようとする"新しさ"は見えてこなかった。

だが、前クールの『人は見た目が100パーセント』では、恋愛ドラマにコント的な笑いの要素を入れてみたり、今作でも、オーソドックスなシンデレラストーリーの中にトリッキーな主人公を放り込んで化学反応を楽しんだりと、停滞しているドラマに対して新風を起こしたいというドラマの作り手たちの"熱"が感じられる流れはできている。

現段階では視聴率や満足度で結果は残せなくても、今後のドラマの未来を占う上で、決して無駄にはならない意欲作であることは間違いない。
(テレビウォッチャー研究員・大石庸平)

関連記事(外部サイト)