『潜在能力テスト』番組史上初"世界の旅"獲得者が誕生「世界が呼んでくれた」

『潜在能力テスト』番組史上初"世界の旅"獲得者が誕生「世界が呼んでくれた」

画像提供:マイナビニュース

8日(19:00〜20:54)に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『潜在能力テスト 2時間スペシャル』で、番組史上初となる「才能をさらに磨く!潜在能力 世界の旅」の獲得者が誕生。本人は「ぼくが解いたというよりも、世界が呼んでくれたの」と、余裕を見せながら喜びを語った。

「才能をさらに磨く!潜在能力 世界の旅」は、各ジャンルのテストで、全問正解した者だけが進める「超難問テスト」をクリアすると獲得できる「きらめき脳メダル」を3枚集め、最終問題に正解してプレゼントされる賞品。

今回の収録に参加したのは、メダルを2枚保有していたロッチ・コカドケンタロウに、1枚保有の武田修宏、スピードワゴン・小沢一敬らに加え、東大卒の高IQメンサ会員で医師の川村優希、現参議院議員の太田房江らの頭脳派の顔ぶれも。ほかにも、麻木久仁子、井戸田潤(スピードワゴン)、大石絵理、鈴木亜美、鈴木拓(ドランクドラゴン)、高山一実(乃木坂46)、田中卓志(アンガールズ)、田山涼成、西村和彦と、計14人が集結している。

「世界の旅」獲得後に本人を直撃すると、「ありがとうございます! 『皆さんの期待には応えたいけど、予想は裏切りたい』みたいなポリシーで生きてきたから(笑)、ぼくがメダルを3枚獲って、皆さんに驚いていただけるのではないかと思います!」とコメント。また、これまで出演して、「MCの若林(正恭)さんをはじめ、とても楽しい番組で、収録が楽しみで仕方なく来ているのに、こんなご褒美までいただいてしまい申し訳ないです!(笑)」と恐縮した。

獲得を決めた最後の問題は「パッと答えが思いつきました」と、ひらめいたそう。「ぼくが解いたというよりも、世界が呼んでくれたの。(世界が)『早く来いよ、いつまでそんな狭いところにいるんだよ』って言ってくれている感じがした(笑)」と、快挙達成直前の心境を振り返っている。

関連記事(外部サイト)