観客のツッコミがC&R状態! 素振りも盛り上がる『銀魂』応援上映に潜入

観客のツッコミがC&R状態! 素振りも盛り上がる『銀魂』応援上映に潜入

画像提供:マイナビニュース

●拍子木を持ち込む猛者も登場
累計発行部数5,100万部を超える漫画『銀魂』を小栗旬主演で実写化し、現在大ヒット中の映画『銀魂』。パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)"と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。

公開から14日間で興行収入は20億円の大台を突破し、観客動員数は150万人を超えた同作の大ヒットを記念し、全国5都市で応援上映が行われることになった。今回は、3日に行われた東京・新宿ピカデリーの応援上映に参加した。

応援上映とは、通常の映画上映と違い、声援OK、鳴り物・光り物持ち込みOKの特別上映のこと。映画『シン・ゴジラ』の「発声可能上映」や、アニメ映画『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』の応援上映、『HiGH&LOW THE MOVIE』『帝一の國』『無限の住人』『忍びの国』など、様々な映画に試みが広がっている。

上映前には、銀時役の小栗、志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈、福田雄一監督による応援上映限定SPトークVTRも公開された。4人は、応援上映で一緒に言ってほしいセリフや、笑いが起きる予想ポイントなどについて爆笑トークを繰り広げ、開始前から場内もあたたまった。

○小栗の挿入歌に苦戦する様子も

ワーナー・ブラザース、集英社のロゴが現れると、「ワーナーありがとう!!」「集英社〜!!」と、次々と感謝の言葉が上がる。そして鳴り物OKという上映に、まさかの拍子木持参の猛者が登場し、盛り上げていた。会場を見渡すと、ペンライトやキャラクターのぬいぐるみ、また実写キャラクターのお面や作中に出てくるアイマスクなど、人それぞれの「応援」スタイルがあるようだ。

序盤から、新八に「がんばれ〜!!」と声援が飛び、銀時のアクションに歓声が沸くなど盛り上がりを見せる応援上映。上映前に歌詞が配られた、小栗による挿入歌「PASSION」が流れると観客も一緒に歌っていたが、女性が多いためかキーの低さには苦戦している様子で、さらに男性の参加者が待たれるようだ。

その後もキャラクターが登場する度に「フ〜!!」「かわいいよ〜!!」と声が上がり続ける。岡田将生演じる桂小太郎が出てくると、次々と「顔がいい!!」と言われていたが、思わず「イケメン……!!」と感情が溢れるように叫んでしまっていた人も。女性キャストも大人気で、神楽(橋本)には「かわいいよ〜!!」「かわいい!!」、来島また子(菜々緒)のセクシーな出で立ちには「フ〜!!」と盛り上がっていた。

●場内一体となっていた、高杉の美脚シーン
○ペンライトが素振りのように

中盤からはキャラクターがピンチになると「危ないよ〜!」「うしろうしろ!!」、吉沢亮演じる沖田総悟が携帯電話を使うと「番号教えて!」「LINEやってる〜!?」などと、場面によって様々な言葉が飛び交う。人気の真選組メンバーたちには終始歓声が上がり、中村勘九郎演じる近藤勲には「中村屋!」と、歌舞伎の大向うのように屋号が掛けられていた。また、近藤の素振りにあわせて観客がペンライトを素振りするなど、光り物の使い方も自由だ。

また、安田顕演じる村田鉄矢が刀を鍛える場面では、観客が刀を打つ鉄矢に合わせてペンライトを打ち付ける。早見あかり演じる鉄子には、男性が「鉄子ぉ↑↑」と声をかけ、鉄子が鉄矢に「兄者!!」と語りかけるシーンでは、会場が一体となって「兄者!!」と叫んでいた。

コメディ部分が多いだけあり、キャラクターがボケると客席からツッコミが入るなど、ボケ&ツッコミのコール&レスポンスの様相を呈してくる『銀魂』。一方で真剣な場面には客席も見入り、アクションシーンでは本気で応援するなど、シーンの種類が豊富なのも特徴だ。神楽がまた子を挑発するための歌や、ムロツヨシ演じる平賀源外が銀時に「ジャンプの読みすぎ ジャンプの読みすぎ」と口ずさむ場面では、「PASSION」よりもキーが合うのか、会場内の歌声もかなり揃っていた。

○歓声が圧倒的な堂本剛

この日1番の歓声を集めていたのが、堂本剛演じる高杉晋助。中盤から登場ということもあり、出てくる度に場内一体となり黄色い声が飛ぶなど、圧倒的歓声喚起力を誇った。少し小柄というキャラクター設定もあり、登場すると「ちっちゃい……!」「ちっちゃいよ!」「遠近法使って!」とあちこちから声が上がるが、それに対して「ちっちゃくないよ!」「周りが大きいだけ!!」と優しく擁護する人たちのやりとりに、場内でも笑いが起こっていた。

「まつ毛長い」「太もも見えてる」など細かい部分も注目されており、SNSで話題となった堂本剛の"美脚"が見えるシーンでは、この日1番の大盛り上がり。意外と長い美脚シーンに各々の叫びがグルーヴを生み出し、まるでライブシーンのような雰囲気に、関係者たちも驚くほどだった。

意外なシーンでの盛り上がりを見せた『銀魂』応援上映だが、もちろん1番"応援"されていたのは小栗演じる銀時が率いる万事屋の3人。激しいアクションには、格闘技の試合のように声援が飛び交い、観客・作品一体となっていた。

熱狂的にむかえられた映画『銀魂』応援上映、今後は4日、10日、11日に東京・大阪(大阪ステーションシティシネマ)・愛知(ミッドランドスクエアシネマ)・福岡(T・ジョイ博多)・北海道(札幌シネマフロンティア)と5大都市での上映を予定している。上映は各回19時から(大阪のみ18時半〜)。
(佐々木なつみ)

関連記事(外部サイト)