『コード・ブルー』パイロット・整備士役の伊藤祐輝&岩井拳士朗、反響を語る

『コード・ブルー』パイロット・整備士役の伊藤祐輝&岩井拳士朗、反響を語る

画像提供:マイナビニュース

俳優の山下智久が主演するフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜21:00〜)で、パイロット役を演じる伊藤祐輝と、整備士役を演じる岩井拳士朗が、出演オファーを受けた際の心境などを語った。

ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちや、深刻な傷を負っている患者たちを安全に、かつ迅速に運び、ドクターヘリ上での治療を安全に行うために、パイロット、整備士として従事する姿に熱い視線が送られている2人。

伊藤は「出演のお話をいただいたときは純粋にうれしかったのですが、『コード・ブルー』という作品が遠い存在すぎて、正直実感はあまりなかったです」と振り返るが、「衣装合わせでカーキのフライトジャケットを着ている自分の姿を鏡で見たときに、一気に実感がわきました。歴史ある『コード・ブルー』の作品作りに参加させていただけるんだ〜って、光栄に感じました。と同時に急に緊張もしました」という。

岩井は「すごく驚きました。中学生の頃からテレビで見ていたあの『コード・ブルー』に出演させていただける日が来るとは、夢にも思っていませんでした。とにかくうれしかったです!」と興奮を隠さない。

そして、放送が始まってから、伊藤は「本当にたくさんメッセージをいただいてうれしいです。撮影現場では、新しく入った僕にも皆さん気さくに話しかけてくだって、自然とチームの一員として迎えていただけてるのかなと…」と感触を語り、「ドクターヘリのパイロットも重要な救命スタッフの一員ですし、チームワークがとても大切だなと日々感じております。今後、フライトドクターとドクターヘリのチームの絆も描かれているので、注目して見ていただけたらうれしいです」とメッセージを寄せた。

一方の岩井も「地元の友人や学生時代の先生、同じお仕事関係の方からも連絡をいただいたり、取材をしていただいたり、ネットニュースで取り上げていただいたりと反響を肌で感じています」と実感。「『コード・ブルー』の一員としていさせてもらうことを本当にうれしく思います。整備士・鳥居誠、全力でサポートさせていただきます!」と気を引き締めていた。

関連記事(外部サイト)