三宅健、V6結成の真実を告白「墓場まで持って行こうと思っていた」

三宅健、V6結成の真実を告白「墓場まで持って行こうと思っていた」

画像提供:マイナビニュース

アイドルグループ・V6の坂本昌行と三宅健が、あす9日に放送されるフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00〜)に登場し、V6結成の真実が明かされる。

番組冒頭では、それぞれのジャニーズ事務所に入所したきっかけを、年表を見ながら整理。三宅は異例の履歴書審査のみで入所し、ジャニー喜多川社長から"超エリート待遇"を受けていたことを明かす。一方の坂本は、生活を変えるために自ら応募したと告白。そこで、坂本の入所に関する衝撃の事実が発覚する。

また、1994年にTOKIOがデビューする前に、坂本がジャニー社長から「TOKIOどう?」と、言われていた過去も判明。もし坂本がTOKIOに加入していたら、どのパートをやっていたのかと、TOKIOメンバーが大いに盛り上がる。

さらに、坂本がV6へ加入することになった経緯を語ると、三宅は「墓場まで持って行こうと思っていた」というV6結成の真実を告白し、「坂本の話と全く違う!」と全員大爆笑。

以前の同番組でトニセンと岡田准一が話した「トニセンとカミセンのグループ内での格差がすごかった」というエピソードを振り返ると、三宅からまさかの上から目線の発言が飛び出し、デビュー当時は、メンバーを引っ張っていた優等生キャラの坂本だったが、デビューから20年以上たって三宅がようやく気づいたという坂本の本当のキャラも明らかになる。

関連記事(外部サイト)