オリラジ中田、宮迫の不倫疑惑に「笑いで済ませられるレベルではない」

オリラジ中田、宮迫の不倫疑惑に「笑いで済ませられるレベルではない」

画像提供:マイナビニュース

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が、9日に放送されたTBS系情報番組『ビビット』(毎週月〜金8:00〜9:55)で、この日発売の『週刊文春』で不倫疑惑が報じられたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)について言及した。

番組では、『週刊文春』の記者が宮迫を直撃した映像を紹介。宮迫は「何人かで遊んでいる仲間の一人」「一線は越えてないです」と否定し、おなじみの"宮迫です"ポーズで「誤解です」と主張した。ただ、「真っ白ですか? オフホワイトですか?」との質問には「オフホワイト」と答えた。

中田は、宮迫の「オフホワイト」発言について、「宮迫さんとしては、文春さんって一度で全部を出さないで小分けにして出したりもしてきた雑誌なので、もしここで完全にホワイトと言ってしまったら違う証拠を出されたときに責められてしまう」と推測。「記者の直撃を見て、一言一句ミスれないという緊張感を感じた」と話した。

そして、「もしこれが本当だとしたら…オフホワイトの濁った部分が黒いのだとしたら、笑いで済ませてきた過去もあるかもしれないですけど、笑いで済ませられる時代でもないし、笑いで済ませられるレベルではないと思う」と意見。「ホワイトならばしっかり説明する義務が、闘病を支えた奥さんに対してもあるのかなと僕は思います」と説明を求めた。

関連記事(外部サイト)