2019年誕生『スター・ウォーズ』ランド詳細発表! 目玉は2種のアトラクション、SWホテルも併設【D23レポート1】

2019年誕生『スター・ウォーズ』ランド詳細発表! 目玉は2種のアトラクション、SWホテルも併設【D23レポート1】

画像提供:マイナビニュース

米カリフォルニア州アナハイムで7月14日〜16日の3日間開催された"ディズニー最大のファンイベント"「D23 Expo」へ行って参りました! その第1弾のレポートは、ディズニー・パークスのファンであれば誰もが知りたい『スター・ウォーズ』ランドについて。『スター・ウォーズ』ランドを建設中ということは知っていたけれど、その詳細な情報が明らかになったのは今回の「D23 Expo」が初めて! もはや楽しみでしかない『スター・ウォーズ』ランド=「Star Wars: Galaxy’s Edge」について最新情報を丸ごとレポートします!

○正式名称が「Star Wars: Galaxy’s Edge」に大決定! SWの世界がまもなく誕生!

発表は7月15日(現地時間)、ウォルト・ディズニー パーク&リゾート部門のプレゼンテーション内で、そのチェアマン、ボブ・チェイペック氏によって行われました。チェイペック氏は、現在カリフォルニアのディズニーランド・リゾートとフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドに建設中の『スター・ウォーズ』がテーマのエリアの名称が、「Star Wars: Galaxy’s Edge」に正式決定したと集まったファンの前に報告! 両方とも2019年に開園予定で、「Star Wars: Galaxy’s Edge」の文字が出た瞬間に大歓声&拍手が起こりました。

そのメインは2種類のライド系の巨大アトラクションだそうで、以前発表があったようにともに『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の世界観がベースとなっている模様です。最初に紹介があったアトラクションは、敵側であるファースト・オーダーとレジスタンスの戦闘が激化していくなか、ゲストはスター・デストロイヤーに乗り込み、『スター・ウォーズ』の世界を体感していくというもの。コンセプト・アートだけでも興奮しちゃいます!

もうひとつはおなじみのミレニアム・ファルコン号にゲストが乗り込み、同じように『スター・ウォーズ』の世界を追体験していくタイプのもので、これについては以前、ルーカスフィルムの社長キャスリーン・ケネディ氏がインタビューなどでほのめかしていた内容とほぼ同等です。両方とも目玉のライド系の大型アトラクションとして激しく期待です!

そして、「Star Wars: Galaxy’s Edge」では、『スター・ウォーズ』の大人気キャラクターたちとグリーティングも楽しめます! BB-8やチューバッカなどの善のほうだけでなく、ファースト・オーダーのメンバーもいるそう。とりわけ注目は、あるアトラクションでおなじみだったドロイドのレックスが戻ってくるということ! 今度はカンティーナという酒場風レストランでDJという大任をおおせつかるそうで、熱心なファンは注目ですよね!

○新エリアの模型を展示! カリフォルニア版は14エーカーでカーズランドより広大!

「D23 Expo」内には、この「Star Wars: Galaxy’s Edge」の模型をバーンと展示していて、大勢の人が集まって写真を撮っていました。これはカリフォルニアのディズニーランド・リゾート版のモデルで、常駐スタッフの方の解説によると14エーカーほど! エーカーと言われてもピンと来ないかもしれませんが、カーズランドが12エーカーだそうなので、カーズランドに行ったことがある人は、なんとなく全体像をメージしやすいかもしれません。

そして、新たに誕生する「Star Wars: Galaxy’s Edge」は、カリフォルニアのディズニーランド・パークのほうに現在建設中ということで、気が早いですが、ちょっと近くまで行ってみました! 建設中の場所はもともと「ビッグサンダーランチ(BIG THUNDER RANCH)」と言って、キャラクター・グリーティングが日本人ゲストにも大変人気がある場所でした。

しかし、「Star Wars: Galaxy’s Edge」建設に伴い、2016年の1月に閉鎖されましたが、つい先日フロンティアランドとファンタジーランドをつなぐ導線として再オープン! 「D23 Expo」終わりで実際に現地に行ってみると、建設中の重機が見えました。「Star Wars: Galaxy’s Edge」の看板も設置され、2019年のグランドオープンがとっても楽しみです! 余談ですが、フロンティアランドとファンタジーランドが直で行けるように戻ったので、移動がかなり楽に(笑)。朝早かったですが、ファンタジーランドにはピノキオがいました!

○衝撃の『スター・ウォーズ』ホテル建設! 窓の外が銀河ビューとかハンパない!

また、今回のエキスポでのもう一個の大きな発表は、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドに建設中の『スター・ウォーズ』がテーマのエリアの近くに、『スター・ウォーズ』がテーマのホテルを作ってしまうということ! いくつかのコンセプト・アートが公開されましたが、ロビーと思われるエリアにはおなじみのドロイドがたくさんいて、レストランと思われる場所には、『スター・ウォーズ』に登場していそうなキャラクターが無数にいて、期待が膨らみますね! もしかしすると、チェックインなども自動になっているかも!?

個人的に驚いたコンセプト・アートは、客室内と思われるコンセプト・アート。あのBB-8を連想するデザインの客室ですが、窓の外が宇宙に! 通常ホテルはパークビュー、ハーバビュー、ガーデンビュー、サバンナビューなど部屋から望める眺望もウリなわけですが、宇宙が見えちゃうギャラクシービューなど前代未聞なのでは(笑)。『スター・ウォーズ』がテーマなので中途半端なモノが出るとは考えにくく、これは衝撃のホテルの誕生です!

ナンでも数カ月以内には、上記ホテルに関連する新情報も続々とアップデートされるようなので、『スター・ウォーズ』のファンでもそうでなくても、続報が待ちきれないですよね!

■著者プロフィール

鴇田崇

映画&ディズニー・パークスを追うフリーライター。年間延べ250人ほどの俳優・監督へのインタビューと、世界のディズニーリゾートをひたすら取材しまくる。ジョン・ラセター、アラン・メンケン、キャスリーン・ケネディ、バイロン・ハワード、ティム・バートンなど、ディズニー映画関連人物のインタビュー経験も豊富。世界のディズニー・パークスでは東京だけでなく、アナハイムも偏愛している。
instagram→@takashi.tokita_tokyo
(鴇田崇)

関連記事(外部サイト)