DISH//、主題歌歌う『僕やり』に出演 - 窪田正孝らとの掛け合いも

DISH//、主題歌歌う『僕やり』に出演 - 窪田正孝らとの掛け合いも

画像提供:マイナビニュース

ダンスロックバンドのDISH//が、主題歌を歌うカンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜21:00〜)で、12日に放送される第9話に出演することが5日、明らかになった。

この出演は、8月14日に東京・豊洲PITで行われたドラマ発のライブイベント「僕たちがやりましたpresents真夏の僕やりNIGHT〜"そこそこ"じゃ終わらない、夏〜」で、主演の窪田正孝からドラマ出演のオファーを受けたDISH//が快諾したことで実現したもの。出演シーンは、DISH//のライブに窪田演じるトビオらが乱入するという場面で、演奏やトビオらとの掛け合いも行われる。

撮影はこのほど、東京・日比谷の野外音楽堂で2日間にわたって行われ、DISH//のファンクラブなどから募集した約700人がエキストラとして参加。短い出演シーンながら、撮影は朝から日が落ちる夕方いっぱいまでかかるため、ボーカル・ギターの北村匠海が「長い撮影ですが、よろしくお願いします!」とエキストラを気づかいながらライブシーンを撮影した。

その後、窪田らキャスト4人がサプライズで登場すると、会場はどよめきと歓声に包まれ、窪田も「暑いから具合が悪くなったりしたらすぐに手をあげてスタッフを呼んでね!」と懸命に呼びかけを行った。

撮影を終えたDISH//の北村匠海は「現場はすごくいい雰囲気で、みんなが楽しんでドラマを作っているというのが肌で感じられました。そんな中で、すごく大事なシーンに携われたことがうれしかったです」と感想。キャスト陣との芝居の掛け合いについては「本人役ということで不思議な気持ちだったんですけど、窪田さんや間宮(祥太朗)さん、葉山(奨之)さん、今野(浩喜)さんとお芝居というかたちで絡むことができて、僕個人としてもうれしかったです」と喜んだ。

さらに、協力してくれたファンについて「みんなすごく協力的にお芝居というものに取り組んでくれて、すごくうれしかったです」と感謝。「近々、同じ会場でライブを行うのですが、その時は今日の恩返しができればと思っています!」と意気込みを示した。

関連記事(外部サイト)