奥田民生、自分の名前がついた映画に本音「勘弁してほしかったよー」

奥田民生、自分の名前がついた映画に本音「勘弁してほしかったよー」

画像提供:マイナビニュース

ミュージシャンの奥田民生が、あす17日に放送されるフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00〜)に出演し、自分の名前がついた映画について「勘弁してほしかったよー」と本音を語る。

今回は、奥田に加え、ともにバンド「サンフジンズ」を結成している岸田繁、そして、奥田ファンを公言する妻夫木聡が出演。妻夫木は映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』という奥田の名がついた作品に主演しているが、奥田は「映画は勘弁してほしかったよー。フルネームだよ。しかも本名だよ」と嘆く。

妻夫木は、"民生ラブ"の熱い思いを、本人を前に力説。「僕も含め、一般のかたはお2人を天才だと思っている」と話すと、岸田は「民生さんが特にベースを弾くとき、うわっ! 天才や!」となるそうだ。

収録を終え、妻夫木は「この2人がそろわれてトーク番組に出演するのは、まずあり得ない!」と興奮。「お話をして、あらためて、お2人のこと好きだなと思いました! 人間として大好きだな!と。生い立ちについても聞いたので、楽しみにしてほしいです!」と見どころを語っている。

(C)フジテレビ

関連記事(外部サイト)