山下智久『コード・ブルー』撮影終了あいさつで涙「大人になれました」

山下智久『コード・ブルー』撮影終了あいさつで涙「大人になれました」

画像提供:マイナビニュース

歌手で俳優の山下智久がこのほど、きょう18日(21:00〜)に最終回を迎えるフジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』のクランクアップを迎え、その様子が18日に放送された同局系情報番組『めざましテレビ』で初公開された。

同じシーンでクランクアップした新垣結衣、一足先にクランクアップした比嘉愛未、浅利陽介に囲まれる中、山下はスタッフ、キャストへ感謝のあいさつ。「初めて(の『コード・ブルー』)は23歳だったのですけど」と語り始めると言葉に詰まってしまい、少しの間を置いた後、涙を目いっぱいにためながらも、笑顔で「感動する!」と素直な思いを伝えてた。

また、「(スタッフが現場を命がけで走りまわる姿を)感じられる大人になれました、『コード・ブルー』を通してあらためて感じられました」とコメント。先にクランクアップしていた戸田恵梨香も駆けつけ、メインキャスト5人で肩を組んで記念写真を撮り合うなど約3カ月半の撮影を名残惜しむかのように、最後のひとときを共に過ごしていた。

『めざましテレビ』では山下、新垣、戸田、比嘉、浅利ら5人へのインタビューも放送。山下や戸田は心臓移植シーンが印象的だったと語り、医療関係者からの反響も大きかったと話し、新垣は、番組スタートから9年、ファースト、セカンドシーズンを踏まえているからこそ描ける自身と、戸田、比嘉の女子3人の関係性が印象的だったことを語った。

そして、5人に対し「一番ヘリの乗り方がうまい人は?」「実は一番先輩らしくない人は?」などを尋ねると、しっかり者を演じる比嘉が一番先輩らしくないと暴露されたり、冴島はるか(比嘉)の流産の後、悲しみの中でトマトを食べるという浅利が演じたシーンについて語り合っていたはずが、話の中心が共にシーンを演じていた山下に移ってしまい、互いにツッコミを入れ合うなど、3シーズンにわたって共に乗り越えてきた5人だからこそのトークが繰り広げられた。

(C)フジテレビ

関連記事(外部サイト)