DAIGO、木村多江を脅かす情報屋役で「今回見せたいのはまさに"BD"」

DAIGO、木村多江を脅かす情報屋役で「今回見せたいのはまさに"BD"」

画像提供:マイナビニュース

歌手でタレントのDAIGOが、10月5日スタートの読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ブラックリベンジ』(毎週木曜23:59〜)に出演することが19日、明らかになった。

このドラマは、スキャンダルを追う週刊誌の世界が舞台。かつて夫をスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者・沙織(木村多江)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐(ふくしゅう)劇だ。

DAIGOが演じるのは、沙織の上司である週刊誌編集部デスク・天満(平山浩行)に雇われ、沙織の身辺を探る腕利きの情報屋・城田純一。沙織の正体に迫り、彼女を脅かす不気味な存在となっていく。

DAIGOは「30代最後の作品になるかもしれないので、気合い入ってます。共演者のみなさんやスタッフのみなさんに力をお借りして全力で取り組んでいきたいと思っています」とコメント。続けて、「今回見せたいのはまさに"BD"、ブラックDAIGO。ブラックな役なので、どれだけブラックな存在になれるか。1日も早く、城田という役を演じるのではなく、感じたいです」と、得意のDAI語で役づくりを話す。

また、木村との共演については「とても光栄なことです。以前、多江さんが出演されていたドラマに僕も出たのですが、一緒のシーンがなかったのが悔しかったので、今作でリベンジできます!」と喜びを語った。

関連記事(外部サイト)