福士蒼汰『愛ある』相手役・川口春奈へ「ヒロインがはるなちゃんで良かった」

福士蒼汰『愛ある』相手役・川口春奈へ「ヒロインがはるなちゃんで良かった」

画像提供:マイナビニュース

俳優の福士蒼汰(24)が18日、自身のブログを更新。17日に最終回を迎えた主演ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系 毎週日曜22:30〜)で共演したキャスト一人ひとりに向けてメッセージを送った。

「愛してたって、秘密はある。」と題して更新したブログでは、「みなさん全10話ありがとうございました こんなにも次がみたいと 続きが気になると たくさんの方から言われる事がとても嬉しかったです」と視聴者やファンに感謝。その上で、「僕個人としては共演の方々からの刺激が強かったです」とつづった。

そして、クランクアップ時に撮影した2ショットを添えて、ヒロイン・爽を演じた川口春奈に「はるなちゃん!2度目の共演ということもあり、僕は緊張することなくドラマに入れたかと思います。今回のヒロインがはるなちゃんで本当に良かったと感じています。また一緒に作品に出演しましょう」とメッセージ。

母親・晶子を演じた鈴木保奈美には「ほなみさん 前室で黙々と台本を読んでいる姿 1シーン1シーンにかける情熱を感じました。とても素敵なお母さんでもっともっとお話をしたかっです」、恋人・爽の父親・弘晃を演じた遠藤憲一には「えんけんさん 2度目の共演でやはり優しいお父さんでした。役ではこんなに怖いのに、一度離れるとニッコニコ。こんな人になりたいと思う人の1人。また共演できるよう頑張ります」と思いを伝えた。

さらに、鈴木浩介、賀来賢人、山本未来、白洲迅、吉川愛、矢柴俊博、佐伯大地それぞれへのメッセージも記し、「素晴らしいキャスト陣 楽しかったなぁ〜」としみじみ。「自分はもっとできた!自分ではそう思うのでもっともっと頑張らなあかんと再実感!!」と決意を新たにし、「朔ちゃんを演じている時はすこし解き放ててたかな?笑」とつづった。