北原里英、ピエール瀧&リリー"凶悪コンビ"が誘拐・監禁! 白石監督作で主演

北原里英、ピエール瀧&リリー"凶悪コンビ"が誘拐・監禁! 白石監督作で主演

画像提供:マイナビニュース

NGT48を来春目処に卒業する北原里英(26)が、『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)などで知られる白石和彌監督の映画『サニー/32』(2018年2月公開)で主演を務めることが21日、明らかになった。撮影は今年2月2日から19日まで、NGT48の本拠地でもある新潟県内で行われた。

共演陣には、『凶悪』で極悪非道の人物を演じたピエール瀧とリリー・フランキーのほか、門脇麦、音尾琢真、駿河太郎といった実績十分の役者たちが名を連ねる。北原が演じるのは、仕事も私生活も冴えない毎日を送る中学校教師・藤井赤理。24歳の誕生日、ネット上で「犯罪史上、もっともかわいい殺人犯」として神格化された少女"サニー"の狂信的信者である柏原(瀧)と小田(リリー)に誘拐・監禁され、2人に殴られ、縛られ、舐められるといったハードな役どころに体当たりで挑んだ。

高橋泉によるオリジナル脚本で、先読みできないスリリングなストーリーが展開する本作。卒業後は女優を目指すと宣言している北原は、「この映画をもって、新たな人生を歩み始められることをとても幸せに思います」と充実感をうかがわせ、「わたし自身が1 番楽しみにしているといっても過言ではありません。アイドルであるわたしが主演なので、それだけで避けてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この映画の撮影は、そのことを忘れるほど集中して臨めました。この作品で新しい一歩を踏み出します! 本当にたくさんの方に観て欲しいです。ぜひ白石監督の世界を楽しんでください!」と精いっぱいアピールする。

また、"凶悪コンビ"の2人については、「初めてお二人の2ショットを見たときは、こっそりテンションが上がりました!」と興奮を伝え、「映画などでは怖い印象の強いお二人ですが、実際はとても面白くてお茶目で可愛くて、瀧さんは少年のようで、リリーさんは包容力溢れる大人で、タイプの違うお二人なのですが2人がとても仲良しで癒されました。辛い撮影期間でしたがお二人といると甘えることができて、たくさん助けてもらいました」と感謝の言葉も口にする。

北原にとっての門脇は「ずっと一方的に画面を通して観ていた方だし、とても尊敬している方」。対面するまでは緊張していたそうだが、「空き時間には現場のブームだったしりとりを一緒にしてくれて、ほっこりした時間を過ごせました!」と次第に距離が縮まった様子で、「共演者みんな仲が良くて、現場は過酷ながらとても楽しかったです」と現場の雰囲気をうれしそうに語った。

一方の白石監督は、「北原里英の秘めた破壊力がこの作品で解き放たれます。この作品は脚本の高橋泉氏と、いずれは取り掛からなければならない物語だと酒を飲む度に話し合ってきた念願の企画です。瀧さんとリリーさんのプロレス的タッグマッチにセメントをしかける北原里英と門脇麦という構図です。みんな狂っていて、悲しく恐ろしい。閉鎖的な社会に生きる少年少女たちの行き場のない魂の慟哭」と物語の核となる部分に言及した上で、「北原里英、飛べ! 飛んで救いに行け! この作品は純然たるアイドル映画です。そう簡単に卒業させません」と北原に向けて激励メッセージを送っている。

(C)2018『サニー/32』製作委員会

関連記事(外部サイト)