フジ宮司アナ、さまぁ〜ずとの下ネタトーク封印を懸念 -『神ギ問』G帯進出

フジ宮司アナ、さまぁ〜ずとの下ネタトーク封印を懸念 -『神ギ問』G帯進出

画像提供:マイナビニュース

フジテレビの宮司愛海アナウンサーがこのほど、同局系バラエティ番組『さまぁ〜ずの神ギ問』(10月21日から毎週土曜19:00〜)の取材に応じ、ゴールデン進出にあたって、さまぁ〜ずとの"下ネタトーク"が封印されることに懸念を示した。

同番組は金曜深夜でスタートし、現在は日曜(13:00〜13:30)に放送されているが、さまぁ〜ずの三村マサカズは、ゴールデン一発目の収録を終えて、「意識しちゃうと緊張しちゃうんで、意識しないようにしました」とコメント。大竹一樹は「セットは一緒なんですけど、今日はスタッフが多かったですね。深夜のときは『これ収録してます?』くらいの人数の時があったけど、今日はいっぱいいるんで、(ゴールデンが)始まったんだなって思いました」と、変化を感じたようだ。

進行を務める宮司アナにとって、入社半年後に初レギュラーとして担当したのがこの番組。「さまぁ〜ずさんと仕事をする中で、進行だけじゃなくてちゃんと番組を盛り上げていくんだっていう感覚になってきたというのはあります」と自身の変化を振り返りながら、「ただ、それがなかなかできないので、もどかしい部分もあるんですけど、補っていただきながら、収録中も目配せをいただきながら、助けていただいているっていう感じですね」と、バラエティの大先輩にあらためて感謝した。

このコメントに、大竹は「いやぁすばらしいね」、三村も「優等生的回答だよね」と持ち上げたが、それもつかの間。三村は「宮司さんは自分がかわいいことを知ってますから、ある程度何言っても許されるのが分かってる」と口撃を開始し、「『言葉が立っちゃってるんだよ』って言ったら、『立っちゃってる!?』みたいなリアクションする」と、下ネタに敏感すぎる点を指摘した。

大竹も「素人時代に遊びや男を経てきてますから、何言われても平気で、受け入れができてるよね」と便乗したが、宮司アナはそんなツッコミを否定しながら、「ゴールデンになっちゃうので、そういうやり取りもできなくなるのかなっていう心配がありますよね」と、名残惜しむように話していた。

視聴者からの素朴な疑問が、良い疑問(=神ギ問/かみぎもん)か、答えを知るに値しない疑問(=グ問)かを、さまぁ〜ずとゲストが認定していく同番組。これまでは、神ギ問のみ全力で解明してきたが、三村は「(ゴールデンからは)グ問も答えが出ます」と説明する。

また、大竹は「作ってくるVTRも不思議で面白いんで、そのへんも見てもらえれば」、宮司アナも「幅広い年齢層の方々に楽しんでもらいながら、スパイスが効いてるVTRなので、大人の方もクセになると思います」と、解明VTRの見どころをアピールした。

関連記事(外部サイト)