TBS宇内梨沙アナ、本人役で声優初挑戦! "アニメ好き"明かし「本当に嬉しい」

TBS宇内梨沙アナ、本人役で声優初挑戦! "アニメ好き"明かし「本当に嬉しい」

画像提供:マイナビニュース

TBSの宇内梨沙アナウンサーが、同局系キッズ向けアニメーション番組『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド〜機動救急警察〜』(毎週土曜7:00〜7:30)で声優に初挑戦することがこのほど、明らかになった。23日放送の第24話に登場する。なお、"笹川アナ"役としてレギュラー出演している笹川友里アナに続いての声優挑戦となる。

宇内アナがアニメ本編中で演じるのは、本人"宇内アナ"役。夏休み中の"笹川アナ"に代わり、AKTVのキャスターを務めるという設定だ。一方、休暇を高原のリゾートホテルで満喫する笹川アナには予期せぬ災難が…!? さらに、第1話に登場したトレンディエンジェル演じる悪党コンビも再登場する。

宇内アナは「小さな頃から大好きなアニメに、自分が登場できるとは思いませんでした。本当に本当に嬉しいです」と大喜び。「笹川さんのアフレコも見学したんですが、アナウンサー役だけでなく演技をするシーンも見事演じていて、さすがでした。私のアフレコも見守ってくださって心強かったです!」と先輩に感謝した。

また、笹川アナも「宇内アナウンサーと共にアフレコ、頑張りました!」とコメント。「私達アナウンサーは夏休みを取らせて頂く時、他のアナウンサーにピンチヒッターを頼むのですが、今回はドライブヘッドの中の笹川アナが夏休みを取ります。そのピンチヒッターを宇内アナウンサーにお願いすることに」とストーリーを説明した。

同アニメは、日本を代表するミニカーブランド「トミカ」と完全連動するスペシャルコンテンツで、原作および玩具展開をタカラトミー、アニメーション制作をOLMが手掛ける。タイトルの"ドライブヘッド"とは、今から少しだけ未来に開発され、警察・消防・救急それぞれの能力に特化した 特殊機体の名称。物語は、3機の"ドライブヘッド"たちが、街を脅かす災害や事件に立ち向かう姿を描く。

(c) TOMY/ドライブヘッド・TBS

関連記事(外部サイト)