TBS『陸王』に吉谷彩子、春やすこ、上村依子、正司照枝 - 追加キャスト発表

TBS『陸王』に吉谷彩子、春やすこ、上村依子、正司照枝 - 追加キャスト発表

画像提供:マイナビニュース

10月15日スタートのTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜21:00〜)の追加キャストがこのほど発表され、女優の吉谷彩子をはじめ、春やすこ、上村依子、正司照枝の出演が明らかになった。

『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸潤の最新作『陸王』をドラマ化。主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山ア賢人が演じ、ほかにも、実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人役の竹内涼真など豪華俳優陣の出演が決定している。

このたび、こはぜ屋の縫製課で最年少の仲下美咲役に、子役から活動する吉谷彩子が決定。1991年生まれの吉谷は、1996年放送のドラマスペシャル『最後の家族旅行』(TBS)でデビュー。その後経験を積み、現在は「ビズリーチ」のCMで女性社員役を演じるなど、CMやドラマで活躍している。

そんな吉谷が演じる美咲は、ベテランぞろいの縫製課の中で最年少。高校を卒業してすぐに「こはぜ屋」に入社し、縫製課の先輩からミシンの使い方や社会人としての心得まで教わる。美咲にとって「こはぜ屋」は第二の家族のような存在。特別に器用というわけではないが、真面目に黙々と仕事をこなしている美咲のことは誰もが認めており、また非常に気遣いができ、周りからも好かれている。

吉谷は「池井戸潤作品に自分が参加できるなんて、今でも夢のようです。美咲は不器用だけど仕事は真面目で諦めないところが魅了的な子だと思います。そんな美咲の成長も一緒に観て楽しんでいただけるとうれしいです」と喜び、「このような錚々たる皆様とお芝居ができる機会は滅多にないので、存分に楽しみたいと思います!」と意気込んでいる。

そのほか、美咲と同じく「こはぜ屋」の縫製課に勤める水原米子役に、11年ぶりのTBSドラマ出演となる春やすこが決定。「こはぜ屋」縫製課の明るくパワフルな女性・橋井美子役は上村依子、「こはぜ屋」縫製課の最年長・西井冨久子役は、『陸王』出演者の中で最年長となる82歳の正司照枝が演じる。

(C)TBS

関連記事(外部サイト)