フジ・石田弘EP、大いに語る -『とんねるずのみなさんのおかげ』30年続いてきた"悪ふざけ"

フジ・石田弘EP、大いに語る -『とんねるずのみなさんのおかげ』30年続いてきた"悪ふざけ"

画像提供:マイナビニュース

●石橋貴明が日枝編成局長に"直訴"
1988年10月にレギュラー放送がスタートしたフジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』。タイトルを『―みなさんのおかげでした』に変えながら、この10月で30年目に突入し、きょう9月28日(21:00〜)には、それを記念した2時間半のスペシャルが放送される。

番組を立ち上げたのは、現在もエグゼクティブプロデューサーとして腕をふるうフジテレビの石田弘氏。石橋貴明が扮するキャラクター「ダーイシ」のモデルとしても有名な、フジテレビ最年長の名物プロデューサーだ。そんな石田氏が、とんねるずとの出会いから、『みなさん』の大事件、そして今のフジテレビへの思いまで語ってくれた――。

――『みなさん』が、レギュラー放送をスタートして10月で30年目に突入しますね。番組の歴史とともに、まずは石田さんと、とんねるずさんの出会いから伺えればと思います。

最初に、テレビの演出家でデビューしたのは、フジプロダクション(※1)にいた頃で、吉永小百合さんの夫の岡田太郎さんに「お前にピッタリなのがある」って言われたんだよ。「今編成が、日曜日の競馬中継の時間の後に、若い世代のサラリーマンを対象にした生放送をやりたがってるから、それを考えろ」って言われて作ったのが『リブ・ヤング!』っていう番組。そこに、ラジオで一番人気があったキンキン(愛川欽也)を呼んできて、『平凡パンチ』を辞めた今野雄二を呼んできて、LF(ニッポン放送)で番組やってたビーバーを呼んできて立ち上げたのが、自分の本当のレギュラーのテレビ演出家としてのスタートだね。それで、林春生っていうペンネームで欧陽菲菲の「雨の御堂筋」とか作詞した先輩の林良三さんがプロデューサーにいて、「おまえが考えたんだから自分でやれ。番組は俺が守ってやるから」って言ってもらったな。

(※1)…フジテレビ傘下にあった制作会社。当時のフジは、制作部門を切り離して別会社にしていた。

――頼もしい先輩ですね。

当時28歳だったけど、それで、音楽とか洋画とか、自分の人脈が全部できたわけ。吉田拓郎とかユーミン(松任谷由実)とか、それからキャロルをテレビデビューさせて、矢沢永吉と今でも付き合ってる。やがて、ディレクターに王東順が入ってきて、愛川欽也と『なるほど!ザ・ワールド』にもつながっていくんだ。で、『リブ・ヤング!』には女子大生を出演させていて、その数年後に作り直したのが、『オールナイトフジ』だね。

――『オールナイトフジ』が、とんねるずさんとの出会いですか?

そうそう。『オールナイトフジ』が始まって、1年くらいだったかな。秋元(康)から面白いやつがいると聞いた港(浩一・当時ディレクター、現・共同テレビ社長)が言ってきたんだよね。それで『オールナイトフジ』に出してみて、とんねるずとの関係が始まるわけ。

――その後、『夕やけニャンニャン』が始まるわけですね。

『オールナイトフジ』を始めるときは、大学生とか働いてる若い人たちが土曜日の夜中に見てくれると思ってたら、実は中高生が一番見てるということに気がついた。「よしっ、それなら中高生の番組を作ろうぜ」ってなって、日枝(久)編成局長(現・取締役相談役)にやらせてくれって頼んだら、「何やるんだ?」って言われて、「"高校生芸能クラブ"みたいなことをやって、そこでタレント作る」と答えたな。そしたら、「そんなことで数字(視聴率)とれんのか?」って聞かれたんで「とろうと思ってやります」って言って、土曜日の午後に2〜3回くらいテストで放送したんだよ。それを見た日枝局長が「月曜から金曜日まで毎日やれ!」って言って、『夕やけニャンニャン』が始まったんだ。

最初、とんねるずは全曜日出てたから、その頃は月曜日から『オールナイトフジ』をやってる土曜日まで、毎日フジテレビに来てたの。でも、あいつら「結局おニャン子クラブ売るためにやってんじゃないか」って気づいてきて(笑)。だんだん放送を抜けていくんだけど、木曜日は港がやってたから、そこだけは出てたね。

――そこから、『とんねるずのみなさんのおかげです』につながっていくと。

これは有名な話だけど、ある時(石橋)貴明が、港のデスクにいて、なんか相談してるんだけど、それを聞いた港が「貴明が、局長に直訴したいみたいなんです」って俺に言ってきた。でもいきなり行かせるわけにはいかないから、編成部長だった村上光一さん(元社長)に言ったら「いいよ!」って言ってくれて、「貴明、OKだから行け!」って。

そしたら、貴明はバーって日枝局長のところに行って、「とんねるずの石橋貴明と申します! 僕たちに『火曜ワイドスペシャル』をやらせてください!」と直訴して、日枝局長に「視聴率20%とれるのか?」と聞かれたら、あいつ大風呂敷広げて「30%とります! とれなかったらプロデューサーを石田さんにして、彫刻の森(※2)に飛ばしてください!」って(笑)。そしたら、編成局のフロアみんなで大笑いして、日枝さんは「バカ! 彫刻の森は出世コースだ!」って言いながら、やらせてもらえることになったんだよ。

(※2)…フジサンケイグループが運営する箱根彫刻の森美術館

――そして、『火曜ワイドスペシャル』での単発をへて、いよいよレギュラー化ですね。

結局、視聴率20%超えちゃったんで、88年にレギュラーにしようということになった。日曜8時か木曜9時かという案があったんだけど、日曜8時は『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』(日テレ)があるから、木曜9時っていうことで、88年10月にスタートするわけ。

●一番怒られた「木梨憲武さんを偲んで」
――『みなさんのおかげです』は木曜9時でスタートするわけですが、裏にはTBSの人気番組『ザ・ベストテン』があった時代ですよね。

この番組を始めるにあたって、貴明が「お笑いとかじゃなくて、アイドルとか女優を相手にバラエティをやれたらすばらしい」ってガンガン言うわけ。で、「分かった」っていうんだけど、『ベストテン』とぶつかっちゃうから、TBSにあいさつに行ったんだよ。そこで、「『ベストテン』のチャートに入ってるうちは、その歌手をうちが触ることはない。入る前とか、落ちた後とかに出演させるんで、どうか理解してほしい」ってお願いしたら、「わざわざありがとうございます」って感謝されたんだけど、一発目のゲストを松田聖子にしちゃった(笑)

――いきなりだまし討ち(笑)

最初、所属事務所は「そんなことしたら、うちは『ベストテン』に出られなくなっちゃう」って反対したんだけど、当時発売された「旅立ちはフリージア」っていうシングルが、フジテレビが開局30周年で、オリエント急行を呼んできて日本全国走らせたときのイメージソングとして、作ってもらった曲だったんだよね。そしたら、松田聖子はすばらしくて、「だって、フジテレビのイベントで作った曲なんだから、フジテレビに出るのが当たり前じゃない」って言ってくれて、ギリギリで出演が決まったんだよ。第1回の放送で、オリエント急行のセットを作って、貴明と憲武がじじいとばばあになって乗ってたら、本物の聖子ちゃんも乗ってるっていうバカバカしいコントをやって、それから聖子は何度も何度も、事あるごとに出てくれるようになった。

――他にも、小泉今日子さん、荻野目洋子さん、宮沢りえさんなど、錚々たるアイドルが出演されてましたよね。そこはやはり、石田さんの持つ音楽業界との人脈が大きかったんですか?

まぁ、そういうところがベースにあったよね。

――そうして、レギュラー放送がスタートして、『―みなさんのおかげでした』にタイトルは変わりながらも、30年がたったわけですが、この長い歴史の中で、特に印象に残っている事件・エピソードはなんですか?

一番印象に残ったのは、(木梨)憲武が盲腸から復帰する時にやった生放送。あれから生放送はやってないかな? 普通に復帰するのは面白くないから、「木梨憲武さんを偲んで」ってタイトル付けて、さも死んだごとくやった時だね。後から憲武が「何やってんの?」ってトボトボ出てくるっていうオチ。「死んだ」とは1回も言ってないんだけど、みんな死んだと思って大パニック反響になっちゃって、電話もバンバン来るわで大騒ぎ(笑)。「悪ふざけもほどほどにしろ」って言われたんだけど、あれくらい怒られたことはないよ。

――今で言う炎上のハシリですね(笑)

これが一番面白かったね(笑)

――あらためて、とんねるずさんの魅力も含めて、番組が30年続いてきた理由というのは何でしょうか?

まぁ、なにしろ番組開始当初は、こんなにお笑いがブームじゃなくて、彼らは歌も歌うわ、久世光彦さんの『時間ですよ』(TBS)とか、倉本聰さんの『火の用心』(日テレ)とか、うちでもキャニオンレコードを舞台にした『ギョーカイ君が行く!』とかドラマも出るわ、あんなにジャンルが幅広いやつがいなかったんだよ。

――美空ひばりさんともお付き合いがあったんですよね。

俺が演出やってたとんねるずのコンサートでリハーサルの時に、わんこそば持ってひばりさんが来るんだよ。『ミュージックフェア』で知ってたから、「どうしてアンタここにいるの?」って言われたけど、ひばりさんが陣中見舞い来るなんて、普通ないからね。

要は、そのくらい型にはまらない活動をしてたってこと。お笑いとは言いながら、セーラーズとか着て、格好があんなにシャープなやつはいなかったでしょう。昔のお笑いの人は、どっちかというとダサいタイプだったけど、とんねるずは身長は高いわ、みてくれは良いわ、歌も歌ってコンサートもやるわ、ドラマも出るわで、エンターテイナーの要素を全部持ってるんだから、それは人気が出るに決まってんじゃない。

――まさに、才能という意味での"タレント"ですね。そういった受け皿も、先ほど名前が出てきた松田聖子さんや小泉今日子さんといったアイドルの出演が実現できた背景にあるんですね。

でも、港は特にひどいことやらせてたけどね。キョンキョンなんて、猿の格好してバナナの皮踏んでひっくり返って、水の中に落っこっちゃうんだよ。それを事務所の偉い人が見に来て、文句言われるだろうと思ったらさ、「本人が楽しんでるから、まぁいいや。石田ちゃん、よろしくね」って帰っちゃうんだもん。でも、コントって言うより、半分"悪ふざけ"だよな(笑)

――たしかに(笑)

コントなんて通り越しちゃってるんだよ。オチなんて関係ないんだもん。それがウケたんだろうね。こういうことが、30年ずっと続いてきたということなんだよね。「食わず嫌い」も長くやってるけど、あの中でいろいろ芸を考えてやってるでしょ?

――どんな設定の枠を与えられても、そこで"悪ふざけ"にしてしまうんですね。

貴明ってTBSで『イシバシ・レシピ』なんて番組やるくらい、食い物にめちゃ強いんだよね。だから、「食わず嫌い」を考えたのも、貴明なんだよ。

――そうなんですか!?

(フジテレビ旧社屋の)河田町時代によく行く寿司屋があってね、そこで「誰でも嫌いな食べ物ってあるよね。そういうのを1個入れといて、将棋みたいな感じで対決させるってできないかな」とか言い出したの。

――その将棋という発想から「和」テイストの演出になったんですね。

そうそう。

――30年がたって、今後も番組は続くわけですけれども、今後の展望はいかがですか?

太田一平(チーフプロデューサー)次第。俺はもう、全部任せちゃってるから。

――でも、その人脈を生かして、番組への貢献はまだまだ期待されているのでは?

頼まれごとがあればね。4年前にも「矢沢永吉に出てほしい」ってあんまり言うからさ。しょうがねぇから永ちゃんに頼んで「食わず嫌い」に出てもらったんだよな。それは、とんねるずが「YAZAWA」って曲まで歌うくらい大好きで、特に貴明は矢沢の『成りあがり』って本を読んで憧れて、「よーし俺もやってやろう」って昔言ってたんだから、まさに矢沢のバラエティ版が貴明なんだよね。突っ張り方とか全部含めて。

●フジテレビにもう1回"あの熱さ"を
――これだけ長く業界にいらっしゃって、80年代にフジテレビがイケイケだった頃も見てこられたと思うのですが、今、そのフジテレビに元気がないと言われることについて、どう感じていらっしゃいますか?

まぁ、なんて言うのかな。フジテレビは「楽しくなければテレビじゃない」って軽いノリでずっと来たんだけど、時代が少しずつ変わってきて軽いノリじゃ生きてられなくなっちゃった中で、ネット系が進んで、みんな個々で物事を楽しむようになっちゃった。それで若いやつのテレビの見方が変わっちゃった。

それは仕方がないことなんだけど、アメリカだって4大ネットワークはみんな生きてるじゃない? だから、テレビっていうのは、そんな簡単に落ち込むことはないだろうとは思ってるけど、あまりにも朝から晩まで不倫問題ばっかやってるんじゃないよって。それじゃあ、文春様様、新潮様様になっちゃう。そういうことを朝から晩までいろんな番組でやるようなテレビに、どうしてなっちゃったんだというのが、一番だね。たしかに、瞬間的に数字はとれるかもしれないけど、大きいものになんでも飛びつけっていうだけじゃダメなんだよ。

――それは、フジテレビに限らずですね。

でも、最近フジが変わりつつあるなと思ったのは、ドラマだね。何を言われようと月9を辞めずに続けて、『コード・ブルー』なんていうのは、漫画から取ってきたわけでもなくて完全なオリジナルでヒットしたわけだよ。だから、いつまでたってもラブロマンスやってるんじゃなくて、若いやつに向けて作ったって若いやつは見てないんだから、もうちょっと真剣に、テレビを見直す時期が来たんだよ。フジはきっと良くなると思うから、テレビがこれまでどういう風にやってきたのかということの原点を、もう1回見直すときが来てると思う。

――そこはまさに、石田さんが伝えていくということになりますよね。

もう、前にフジがダメだった時代を知ってるのは、宮内(正喜)社長と俺くらいしかいないんじゃないかな(笑)。制作部門を切り離した時は「振り向けば12チャンネル」なんて言われた時代もあったんだから。そこから制作プロダクションを統合して、編成局の中に戻して、日枝編成局長になって、大部屋になった。でも、今はお台場に引っ越してきて、フロアがセパレートになって、みんなパソコンに向かっちゃってるんだから、「こんな面白い企画があるからやるぞー!」って誰かが言って、みんながワーって盛り上がるみたいなことがないんだよ。

――それこそ、石橋さんが日枝さんに直訴しに行くシーンを、そこにいたみんなで盛り上がったわけですもんね。

そうそう。そういう熱さっていうのが無くなっちゃった。社屋の物理上、セパレートになっちゃうのは仕方ないんだけど、どうやったらもう1回その熱さを取り戻せるのか。そういう意味で言うと、編成局に制作や映画事業や広報を統合した試みっていうのは、いいと思う。これを判断した宮内社長の目線は、そのとおりだと思うね。

――宮内社長とはほぼ同期ということですが、そういった意見交換などはされるんですか?

そんなことはしませんよ(笑)

――最後に、まだまだ現役の石田さんですが、将来の夢はなんでしょうか?

俺ね、テレビやりながら谷村新司とか加山雄三とかのコンサートの演出もしてたし、CDのプロデューサーもやったし、なんでもやってきた。とんねるずも、コンサートの演出したり、野猿のステージもバックアップして裏方演出したり、フジテレビのイベントもいろんなことをやってきた。こうして74歳になって、テレビだけじゃなくて、この業界の仕事のだいたいのことはやり尽くしちゃったんだよ。だから、テレ朝でやってる『やすらぎの郷』(※3)に入居して(笑)、また今アナログ盤のレコードの人気が戻ってきたし、本当は好きな音楽聴きながら、残された人生を過ごしたいんだけどね(笑)

(※3)…テレビ朝日で放送されている、テレビ業界人専門の老人ホームを舞台にしたドラマ。倉本聰脚本。

●石田 弘(いしだ・ひろし)1943年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部在学中からアルバイトをしていたフジテレビジョンに67年入社。ドラマ『三匹の侍』のADからスタートし、『こんにちはふるさとさん』などのディレクターをした後、事業局でビデオ制作を担当。制作に戻り、『リブ・ヤング!』『オールナイトフジ』『夕やけニャンニャン』『とんねるずのみなさんのおかげです』などを立ち上げ、現在は『とんねるずのみなさんのおかげでした』のほか、『ミュージックフェア』『FNS歌謡祭』のエグゼクティブプロデューサー。
(中島優)

関連記事(外部サイト)