和久井映見、テレ東ドラマ初出演 『ユニバーサル広告社』ヒロインに

和久井映見、テレ東ドラマ初出演 『ユニバーサル広告社』ヒロインに

画像提供:マイナビニュース

女優の和久井映見が、沢村一樹主演のテレビ東京系新ドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』(10月20日スタート 毎週金曜20:00〜)のヒロインを務めることが29日、明らかになった。

同作は小説家・荻原浩の人気シリーズ「ユニバーサル広告社シリーズ」から「花のさくら通り」を映像化。沢村演じる倒産寸前の下町の広告会社で働くダメダメ広告マン・杉山が、港町の寂れたシャッター商店街の依頼を解決していく。脚本は2017年度前期連続テレビ小説『ひよっこ』等を手がける岡田惠和が務める。

和久井は、杉山らユニバーサル広告社のメンバーがが引っ越してくる、港町のさびれた商店街の純喫茶の看板娘・藤沢さくらを演じる。和久井がテレビ東京のドラマに出演するのは今作が初めて。現在は朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演しているが、沢村と同じく朝ドラから引き続き岡田脚本とのタッグを組むことになる。

和久井は「さくらは自分のかかえている事、自分の暮らす商店街に思うこと、いろいろありながら、このユニバーサル広告社の皆さんとの出会いによってまた人生が動き出す、好奇心も忘れない明るさも持った女性です」と役柄について説明。「魅力的に演じられるよう頑張りたいです」と意気込んだ。

また、ユニバーサル広告社のメンバーとして、冷静沈着で仕事が出来る経理担当・猪熊エリカを片瀬那奈、猪熊と衝突しがちな、サブカルこじらせ系WEBデザイナー・村崎六郎を要潤、センスはゼロで人柄だけが取り柄のユニバ―サル広告社社長・石井健一郎三宅裕司が演じる。

さらに、さくらの父親で純喫茶“ジュルビアン”のマスター藤沢宏役にでんでん、親が残した遺産をネットオークションで売ることで食いつないでいる城田光役にやついいちろう、やる気なくカフェを経営しつつ商店街の案内放送を担当している一の瀬始役に入江甚儀が決定した。

関連記事(外部サイト)